残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPGamer Vol.11

いつも買わない(買えない)RPGamerを芝村裕吏特集と芝村氏デザインゲーム・ロータスシティの為に買う。高い! 高いよママン! ゲーム付きとはいえ雑誌一冊三千円は痛い。もう千円まからんものか。毎号購読してる茨之介さんを心の底から尊敬。

さて、お目当てのロータスシティは中々面白げ。未プレイでの私見に過ぎないが、GMの負担を軽くしてすぐにプレイできるという要求をかなり高いレベルで満たしているように思える。幅広い熟練度のGMを受け入れる柔軟性もありそう。アドリブが苦手なら、事件カードの内容をそのまま読み上げればいいし、慣れてくれば『ロータスシティ・実践篇』で芝村氏が示しているように、様々な描写を付け加えてストーリーを作ることが出来るだろう。ただ、カードの引きがランダムなので、引きによってはスタートカード→一般事件→ゲーム終了と三回で終わってしまう可能性が。コマンド表含めた総合的なバランスは実際にプレイしてみないとなー。シナリオ・ストーリー重視の雰囲気があるサークルなので、公式マスター時にはプレイしづらいし、三部には脳ミソ腐ってゲームの分析とかできなさそうだし、難しいな。

本誌の方は『ロータスシティ・理論篇』『同・実践篇』『双方向戦略的遊戯研究室』はためになりつつ面白く読む。T&Tはほとんど触ったことないので『T&Tはこう遊べ!』についてはコメント不能(笑)。Aマホリプレイもお手軽で楽しそうだったが、あれは無名世界観公式なんだろか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/51-00eda461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。