残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&RVol.92

Role&Roll Vol.92Role&Roll Vol.92
(2012/05/18)
アークライト

商品詳細を見る
・ECLIPSE PHASE
溢れ出るハードSFアトモスフィアはすごい好みなんだが、いろんな意味で実プレイのハードルが高すぎるw やはりルールもシャドウランばりに細かいし。まぁ前も言ったがある程度以上の複雑さがないと、ガジェットの多彩さとかが意味なくなるしなー。
とりあえず買ってから考えようか。

・SW2.0
確かにタイトルには違和感があったが、なるほど、パーティ分割か。技能も被りすぎだったしなw
しかし、せっかくの聖戦士テーマなんだからロイの復活時はもっと演出が欲しかった。

・ファイアード!
なんかすごい勢いで世界設定が動いてるんだが、これはこのシナリオだけの処理なんだろうか。

・シノビガミ
特定のキャラを殺したいキャラ(PCかNPCかは伏せる)と防衛側のキャラが入り乱れるシナリオ。記事紹介に出てた「真夜中カード」は、サイクル(=1日)とサイクルの境目(つまり夜中)に他キャラに対する襲撃もしくは防衛をハイドで行う追加処理。NPCに対する襲撃が成功すると対象は死亡して秘密が公開される。「とらぶるエイリアンず」のレイドのルールを彷彿とさせる。アレももう一回くらいやりたいなぁ。

・ブラッドクルセイド
七つの大罪に象徴される吸血鬼の悪の相ごとの、ロールプレイ指針と狩人側の感情の取り方指針。GMとしてやるなら強欲の吸血鬼がロールプレイしやすそうかな。

・アーカム計画
「シナリオパターン」(脱出、探索、人物の保護など)、導入となる「発端の怪異」、そして「事件の真相」の三つからなるシナリオ作成チャート。
個人的にはここでいう「事件の真相」は黒幕ありきで考えてしまうので、偶発的な事故とか大自然の驚異とか大いなる神の意志とかが原因のシナリオってほとんど作ったことないんだよな。クトゥルフシナリオやる機会が出来たのでこの記事を参考にちょっと考えてみよう。

・ブルーローズ ネクサス
実在する混沌魔術の解説と、脳内に仕込むサイバーパーツのデータ。シャドウランにも魔法のスタイルとしてあるけど、実践的な混沌魔術はSFっぽいガジェットと相性いいよね。変性意識状態とか言われると神霊狩も思い出す。
あと「これはカワサキ=ダイシのトラフィック・セイフティ・タリスマンです」「日本のバイクメーカーはそこまでサービスするのか、勤勉だな」というギャグに笑った。

・安田均のゲーム航海日誌
「ゲームの面白い点は繰り返しとその中での変異(バリエーション)であり、RPGも例外ではない」という視点はけだし慧眼だなぁと。自分のシナリオにマンネリを感じるほどやり込んでないうちはまだまだだな。まぁ、今のペースだとその日が来るとしてもかなり遠そうだが……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/394-ec450c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。