残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非積主義(本もゲームも)

現在帰省中につき、チャンネル権争奪戦の問題で絢爛全然やれてない。セーブ後の時間経過の仕様で、十分だけやろうとかあんまり思わないんだよなぁ。と、取説に真っ向から刃向かう発言。
そんなところに『七夜月』が届いちゃいましたよ。ボリュームはそんなに無いらしいので、さっさと終わらせて絢爛やろう。

とりあえず三十分くらいプレイした感想。
これはいい無名世界観ファン特化ゲームですね。絢爛なんて目じゃない。いきなり第6世界・東京市から始まり、世界間移動がどうこうとかセプテントリオンがどうこうとかいってるし。流石は世界の謎アドベンチャー。近衛貴之は以前ウォードレスのオペレーターやってたとか言うし、七城メイはめーとか言うし、=瀬戸口、ののみはほぼ確定。

その他色々。
・情報移動でも多目的結晶はなくならない。多目的結晶=水素の心臓って確定してたっけ?
・グレーター招き猫V3の手にも多目的結晶がある。やはり汎世界的に存在するらしい(そうじゃなきゃ速水の翻訳機には使えないか)
・「薔薇の騎士」は青の青の部下としての呼び名。他に桜の騎士もいるらしい(「赤にして桜」のゆかり? 追記:と思ったけど、時系列的にはパラダイスタイフーン以前だよなぁ。しかし七夜月時点でアルファは壊滅してるらしいし、パラタイの時系列は謎だ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/35-16d7d00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。