残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(8) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(8) (富士見ドラゴン・ブック)
(2010/05/20)
秋田 みやびグループSNE

商品詳細を見る
相変わらず長期的伏線を活用するストーリーだが、今回のミスティン周りはちゃんと覚えてたよ! ていうか今Wikipedia調べてみたら異様に詳しく載っててビビった。今度からこれを参考にしよう。
ラスボスとおぼしき教団も出てきたが、10巻の大台には乗りそうだな。

ソード・ワールド2.0リプレイ  マージナル・ライダー(4) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ マージナル・ライダー(4) (富士見ドラゴン・ブック)
(2010/06/19)
田中 公侍グループSNE

商品詳細を見る
それとは対照的に4巻で終了のこちらのシリーズ。ライダー10レベルまでやるんじゃなかったのか。8レベルにはなってるし一応ドラゴンライダーにはなってるけども。
最後の大人数シナリオは面白かったし、もっとそっちの方向で進めてたら個人的にはよかった。まぁ外伝全然読んでない人間が偉そうに言えた義理じゃないんだが。あんまりウェブで小説読む気しないんだよなぁ。

お釈迦様もみてる スクール フェスティバルズ (コバルト文庫)お釈迦様もみてる スクール フェスティバルズ (コバルト文庫)
(2010/07/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る
確かに買ったはずだが積んだまま前巻をロストしてしまったので、読むかどうか迷っていたが、時間軸的にも半分は既知の話だし大丈夫だろうと読み始めたらいつの間にか祐麒の唇が柏木に奪われていたでござる。哀れな……。いや、本人さえ嫌じゃなけりゃ、柏木の愛人というポストはかなりオイシイとは思うが。
花寺文化祭編では祐麒が視点であるせいで、先代薔薇様はほとんど個体識別されないが、やはり素焼きのアクセサリーに興味を示したのは江利子なんだろうな。
リリアン文化祭編は、今や完璧超人となっている柏木の唯一の汚点と言ってもいい祥子ブチ切れさせ事件の裏側。彼にも免許取り立てで運転の練習したり、関係をこじらせた許嫁の従妹に会うだけで気が重くなったりしていた頃があったのだ。というわけで、憂鬱の上に性的志向をバラすと言われた焦りが重なったあげくの行為だったことが判明。気落ちして母校に帰ってきた祐麒にフォローされ、二人でワルツを踊って癒されるのだった。やっぱり福沢姉弟は二人とも小笠原家に入ればいいと思うよ。

天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)
(2010/07/10)
小川 一水

商品詳細を見る
数百年に及ぶ一大宇宙史が各巻ごとに少しずつ詳らかにされていく重厚なストーリーは勿論このシリーズの見物ですが、各巻ごとに時代も舞台も趣きも変わるそれぞれのストーリーも素晴らしい。今回はまさかのスペオペ風味。宇宙海賊狩りとして名を馳せるアウレーリア一統全盛期手前の時代(多分全盛期は拡散時代に入って戦艦ドロテアを建造してから)。「大気なくとも大地あり」や「怒り(Rage)、溜め(Charge)、撃ち放せ(Brrage)」といった電気食いかつ酸素いらずらしい言葉を胸に、敵と勇敢に戦い未知の領域を志向するアウレーリア一統がカッコイイっす。
前巻までとの繋がりというと、《医師団》の詳細と《救世群》のその後が分かり、黒幕くさい存在である被展開体ミスチフの存在が明らかに。冥王斑やクトコトをもたらし、多分《救世群》を《咀嚼者》に変えたのもミスチフっぽいんだよな。しかしダダーとミスチフを作った存在もいるだろうからまだ何とも言えないが。あとフェオドールやカヨやセアキ家とか、メニー・メニー・シープの機械羊とか細かいのも。次巻の「機械じかけの子息たち」は《恋人》たちのことか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/340-00a24673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。