残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)
(2008/12/26)
今野 緒雪

商品詳細を見る
おお、黄薔薇が輝いておる……。あと、卒業式にあたって小ネタやサブキャラを拾っていくのはベタだけどクるね。
この巻で長期シリーズも終了。ダラダラと言われようが個人的にはもっと読んでいても良かったくらいですが、きれいにまとまったんじゃないでしょうか。続編があるにしても直接の続きじゃなさげな雰囲気。有馬菜々の活躍が見足りないのが唯一の心残りなくらいか。まあ未収録短編とかもあるし、最低でも一冊くらいはなんか出るだろ。
・福沢祐巳
主人公としてはだいぶ成長しきってしまって、お姉様との精神的な別れも済ませてしまったとあっては、同級生とコントするくらいしか残されていないわけで。ただ、それだけにエピローグの紅薔薇様としての貫禄は見事。
・小笠原祥子
自分の問題も姉妹問題もなくて同級生と絡むしかないのは祐巳と同じだが、卒業生はやはり別格。あと二人乗りの時にも言った気がするが、祥令はよいものだ。
・島津由乃
ラスト、菜々とのバカップルぶりがたまらん。
・白薔薇
予想通り大してイベントがない人たち。志摩子さんもっと聖様と絡んでと思うが、そんな関係ではないのは先刻承知なので文句も言えぬ。
・先々代トリオ
相も変わらずな方々だが久しぶりに聖蓉分を補給。あと聖様、プロトタイプの頃にあんな茶目っ気があったんですね。
・田沼ちさと
この人がいると黄薔薇の血脈が映える。いい。

此よりは荒野 (ガガガ文庫)此よりは荒野 (ガガガ文庫)
(2008/11/18)
水無神 知宏

商品詳細を見る
割といい評判を聞いたので、今作ってる天羅WARシナリオの雰囲気の参考に。あと個人的ラノベ新規開拓計画の一環として。と思ったら作者は十年以上前に処女作を発表してるベテランなんですな。寡聞にして知りませんでした。
ストーリーは人狼や吸血鬼が闊歩する開拓時代の西部で、少年が一人前の男となって妖魔ハンターとして旅立つという、ある種王道ですが、文章がいいですね。ラスト、締めの文章だけで読む価値がある。
娼館で働くサキュバス、サンディはただの姐御キャラにしては主人公の童貞喪失の相手とか異様にいい待遇なので訝しんでいたら(ヒロイン的存在リーズも娼婦なので、サンディにその設定を与える必然性は一見なさげに見える)、最後旅立つ主人公たちにちゃんとついてきてくれたので一安心。きっちり敵に回るフラグを回収してくれると信じてる。


『QuickStart!!』
なんかアマゾンはおろか、ネット書店のリンクがことごとく見つからないんだけどなんで。7%Yにあった。
四コマ漫画愛好家である小荒も単行本を待望してたTRPG四コマ。掲載誌の関係上、ネタがFEARゲーに寄ってるのが唯一と言ってもいい難点だけど、TRPGあるあるネタと魅力的な登場人物で読ませてくれます。個人的にはサチと先輩がお気に入り。サチは不幸属性がオイシイよね。思うに、不幸属性を無理なく、しかも頻繁に描写できる設定として、アナログゲーマー以上のものはないのではなかろうか。先輩は「口プロヴォック成功」とか「ヨルムンガルドは給料よさそう」とか「『足がくさい』を常にチェックしてる」とか小ネタがいちいちツボ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/273-01e54858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。