残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック日記10

ニア A級

白クローンの安心感からせめてフリだけでも強者っぽくと、ネクラを食らったまま歩いてたら情報をツモってしまって大後悔時代。
序盤からロックが分かりやすい動きをしていたので、療養をかねて裏面ではぐれSpecialかE/Gの振りをしていたら、いきなりロックがオープンしてGoodが集合してしまう。しかし幸運な事にロックの他に二人集まってきたので、自分はそのまま一人歩き続行。
一方ES組では強者が集まって大内乱。エネセスを被った6レベ、純正Evilと思しきキャラに撃たれてる6レベ、さらにバルカンとライガーというどうしようもない状態。結局、撃たれてた6レベがそのまま殺され、ライガーがGoodに亡命。それに合わせてニアもGoodに合流し、最終戦闘という流れにしようと思ったのだが、パーティを組んでるライガーが正体を明かせと脅してくる。白クローンがあるからweakはしたくないが、ニアだと告げるとES陣営が奇妙な顔。そう、
G:ロックと最初からの二人+ニア
E:バルカン、5-4-5手下のグルくさい物
S:ライガー、エネセス、死んだ6レベ
となって、Specialを確認しているES陣営はEvilが少ない事に気付いたのだ。まあここまで来てしまったからには最後までやろうという事になり、最終戦闘。
Eグルとロックが順当に死に、手札の振るわなかったバルカンを殺したところで、エネセスの正体(G殺リュカーン)を見て勝利宣言。
結局最初に殺されたのはE殺カルダームだったのだが、全体としては配り間違いではなかった。最初からGoodと思われていたのは、ロックが正体を現した時早々に説得され(そして逆説得も失敗)、耐久も偽りポッドも使わなかったナガトだったのだ。これでEグルがオベルだったら役満だったのに。

感想:久々にまほー屋さんの狸っぷりを見た。
途中、ランだと思ってライガーに潔癖を証明してあげようとしたのだが、俺お前死んでもいいよって言われて止めて良かった。最初の接テレが成功しなくて本当に良かった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/209-939988e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。