残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のロック

先月の賞金稼ぎの人は弱めのニケ(自行動2D6・6以下で発動、単体目標、火力5か常に1:1、防御回避不可能、くらい?)を持ってる4、5レベルエスパーってところでしょうか。
今月はなんと驚きのマインドハープ使い。でも京大RPG研ルールだと重績フィールドだよなアレ。1D6の1~4でテレポートの真似止めのように戦場離脱を止められる能力なくらいでしょうが、回避自体を妨害してるわけでもない上、エスパーっぽい描写がないのでデータ化すると滅茶苦茶弱くなるな。単なるリングロープだよ。

などと思っていたら突如フラッパーでド・ラージュ編が始まって思わず笑ってしまう。ストーリーをざっと紹介すると
毎度の如く人里離れて隠棲していたロックの元を訪れた一人の青年。ロックはその面影から彼がブリアン・ド・ラージュの子孫であることを見抜く。青年は自分の家に残る記録からブリアン・ド・ラージュの人生を再構築したのだと語る。そこから話は青年の語るブリアンの物語へ。
ブリアンには仲睦まじい一人の幼なじみの少女がいた。長じてもなお親しかった二人は、ある日宇宙船の事故に巻き込まれる。ブリアンは辛うじて生き延びたが、少女は命を落としてしまう。悲しみに暮れながらもリハビリに励むブリアンだったが、自分の身体の違和感、そして周囲の人間の反応から一つの事実に気づく。自分の現在の身体は少女のもの。
少女はブリアンに大事があったときのため、秘密裏に育てられてきたブリアンのクローンだったのだ――
そうか、ド・ラージュは女の子の身体から耐久6になるまでリハビリ頑張ったんだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/184-561e7efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。