残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マリア様がみてる フレームオブマインド』

今回のブリッジ部分で授受されたり、さらにはキングクリムゾン発動で既に授受済みだったりしても最早驚かないと思っていたが、普通に蔦笙話でした。やはり蔦子さんはいいキャラだな。その変態っぷりを補って余りあるというか、変態性を上手く転化してるというか。たぶん蔦子さんからいくつかの要素を抜いたらかなり危険な人物になると思うんだ。
しかしマリみての短編はいいね。『チョコレートコート』もそうだが、本編では読めないアンハッピーエンドの『不器用姫』とか。『四月のデジャブ』『温室の妖精』など初出の一般生徒がメインの話の方が『黄色い糸』とかよりも好きだな。俺の黄色蔑視が原因か。

『楽園の知恵―あるいはヒステリーの歴史』
新書版は既に所有済みだけど書き下ろしがあったので文庫版を買ってみた。それはいいんだが何故イラストが山本ヤマト。表紙のせいで一瞬分からなかったよ。女子高生がバロム1な『アシャワンの乙女たち』も同絵師だったけどこっちはまだ分かる。かなりラノベ寄りだしなアシャワン。しかし『楽園の知恵』か……いや好きだけどね山本ヤマト。
内容について何も語ってないが牧野節が炸裂したイカレた文章満載の(褒め言葉)傑作短編集なので初牧野修な人にもお勧め。入りやすいのはそれこそ『アシャワンの乙女たち』とか『王の眠る丘』とか『呪禁官』とかなんだろうけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://katala.blog14.fc2.com/tb.php/181-32e59ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。