残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R Vol.102

Role&Roll Vol.102Role&Roll Vol.102
(2013/03/09)
アークライト

商品詳細を見る
エリュシオン
世界観やキャラロールとルールが割と強く結びついてる感じだから、紹介記事だけじゃなくて実際にプレイしてみないとなんとも言いがたい感じ。誰か買ってやってくれないかな。

カオスフレアSC
ロンデニオン特集で人造人間(鉄人28号的巨大ロボ含む)、波紋法など追加。《力の呼吸》必須の不可視の呪文書「宗気循環」(つまり波紋疾走)は素手攻撃の特技を使うとき素手の代用として使えるので、呪文書でありながら素手という特徴をなんか活かせないかと思ったけど思いつかん。「装着者」とマルチするのが正道なのはわかるが。あとはいろいろ大変だけどユルング・カバリエに乗って《鏡の世界》入るくらいか。

マギカロギア
世界を絶望に陥らせる魔法災害に立ち向かうシナリオ。シナリオ制作者の指向か、エンディングフェイズのNPCの動きとか味があって結構好き。「ある天使」「ある悪魔」のスタンスとか。しかし額に「焚」の字を書いてる〈焚書官〉の魔法使いはどうかと思うんですよ。せめて名前を設定してあげて……。

ブラッド・クルセイド
前回に引き続き、今回は「幸福を味わう」の演出法。「一日を費やす」「誘われる」「妬まれる」「真似をされる」「優勝」「映画化」の6つ。最後のはどうかと(ry

SW2.0
蛮族に化ける薬……穢れはどうなってんだろ。ちゃんと読まないと分からないが(ていうかもう売ってるな)、ますます穢れ概念がよく分からなく。

ガンドッグゼロ
前々回の戦闘距離の話とも繋がる、戦闘バランスの話。特に敵の武装や数について。理論的な部分もそうだが、雑魚的データが5種類付いてるのが実際ありがたい。

バルナ・クロニカ
サポート最終回。「ファンタジーは、いつの間にか、冒険をしない物語となりました。どこかで見た地図と神話の世界の中で、集めると強くなるポイントを駆使して競い合う物語となりました。」という言葉から始まる序文は一読の価値ありですよマジで。

Brand New Games
今やメタリックガーディアン→ドラゴンアームズ2→ホライゾン・ブレイクという発売順になってるのがなんとも。一番目は確定したが、あと二つはどうなることやら。
スポンサーサイト

R&R Vol.101

Role&Roll Vol.101Role&Roll Vol.101
(2013/02/09)
アークライト

商品詳細を見る
カオスフレアSC
パンデモニウムの魔法特集として、リアリティハッキング技術と二丁拳銃を組み合わせた全く新しい戦闘技術ガンダンサー(新ブランチ)がデータ化。ガン=カタやヤンマーニあたりが再現可能。吸血鬼ほどじゃないけどLP食いする特技多いのでやりくりが大変そうではある。マイナーで攻撃範囲化の《Bullet rain》もさらにダメージ+【技術】効果が乗ってるせいで代償フレア二枚だし。あとフルボーグボディを格安で常備か出来るようになるアイテム「ブレインリモデリング」、LP代償をフレアで払えるようになる「ソリッドステム」のおかげでサイバーパンク超強化。

シノビガミ
対立型シナリオの作成ガイド。三分の一くらいはシノビガミだけでなく他のシステムにも通用しそうな一般的なシナリオ作成の方法論だったので、対立構造のバランスの取り方についてもう少し紙幅取って解説して欲しかったが、「バランスの確認」や「使命達成難易度の均一化」あたりの項は参考になった。
【秘密】にはシナリオ上で疑問に思うことに対する答えを書いておく、なぜ【秘密】なのか(=他人に言えないのか)に必然性を与えるなどはPLの感情移入的にも重要ですね。つい機械的に背景やクリア条件などを書いてしまうので、もう少しストーリーラインとゲーム性を擦り合わせることを意識してみよう。

ブラッド・クルセイド
前回同様演出ガイド。今回は「関係を深める」の演出。「どうでもいい話」「悩み相談」「喧嘩」「技術の披露」「打ち明け話」「食事」の6つ。
あと次巻「ビッグ・バッド・ビースト」紹介。これでズムーンと完全に統合される感じかな? 書き下ろしリプレイには眠兎登場期待。

アーカム計画
「オリジナルカルトの薦め」だけど、ほとんど『カルト・ナウ』に包含されてるような……。これを見て更に興味があるなら『カルト・ナウ』を買えばいいんじゃないかな。

ガンドッグゼロ
今回はクインビー教官のターンではなく「キルハウス・カタログ」なので、アリスたんの連載(?)掌編が載ってる。予定カレンダーから消えてしばらくたってるけど俺まだ「アリス・イン・ナイトメア」待ってる! あ、今回のステージルールはステージ上の物品を動かしたり倒したりできる「ドミノ効果」です。

Brand New Games
見るからにロックくさい「斬」は誰か買ってないのかな。安いし自腹で買うのは別にいいんだけどダブるのはもったいないし。

R&R Vol.100

Role&Roll Vol.100Role&Roll Vol.100
(2013/01/18)
アークライト

商品詳細を見る
特集:Role&Rollの100号を振り返る
ページが上下二分割されて、上にトピックがまとめられて下にずっと年表が書かれてるんだが、上下を見比べると歴史の河の流れの中に消えていったあれこれが偲ばれる。ああ、そういやコレもR&Rで扱ってたなーというのが。

SW2.0イラストレーターセッション
単発リプレイ読むのダルいなーって思ってたのがダラダラしてた理由のひとつなんだけど読んでみたらまあ普通に楽しめました。3レベルPCのダンジョンシナリオで、メインネタがいかにもな藤澤さなえ風味。ファッションショーマシーンは個人的には思いつかないセンスだなー。

アーカム計画総索引
タイトル通り、R&R何号に何の記事が載ってるかだけでなく、シナリオ、シナリオ作成・セッションガイド、リプレイなど記事の種別分けのインデックスや、神話存在名や魔道書名からそれが何号に載ってるか引けるインデックスもあって便利。

ブラッド・クルセイド
前哨戦の演出パターンが6種類。対象の吸血鬼に攻撃する「アンブッシュ」、逆に吸血鬼の攻撃を返り討ちにする「カウンター」、吸血鬼を罠に誘い込む「トラップ」、吸血鬼と一対一で格闘する「デュエル」、逃げる吸血鬼を追う「チェイス」、過去に対象の吸血鬼と戦った記憶を回想する「フラッシュバック」。ブラクルに限らずサイフィクは演出が重要なわけでこういう部分もルールブックに含めて欲しいんだが、リプレイとルールとデータ入れたら難しいだろうが。でもこうやって連載でやってくれるのはすばら。

ガンドッグゼロ ロジスティカルサポート
至近距離、近距離、中距離、遠距離、超遠距離と様相を変える(近距離はハンドガンとSMGがメイン、中距離はライフルがメインとか)ガンドッグの戦闘の解説と、それぞれの距離でのPCの立て方について。実際にある程度セオリーがあるゲームだから、その辺を公式から解説してくれるのはありがたい。

Brand New Games
もうブランニューじゃないわけですが。リリースカレンダーに載ってる奴は大体予定通りに発売されたような。ホライゾンブレイクを除いて。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。