残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R Vol.90

Role&Roll Vol.90Role&Roll Vol.90
(2012/03/10)
アークライト

商品詳細を見る
・アーカム計画スペシャル
「いまさら聞けない」ってタイトルから、トリビア的な物をちょっとだけ期待したんですが、普通に初心者向け総論だった。
他には『ダニッチの怪』紹介と遊び方解説4ページ、ボードゲーム(マンション・オブ・マッドネス、新版アーカムホラー、エルダーサイン)紹介2ページ、今後の展開について2ページと、豪華な記事。
これからワールドツアーが出るなら宇宙や異界を期待。ソースブック翻訳なら『バイ・ガスライト』がいいな。『ドラキュラ紀元』がやりたいんで。要望次第ではキャンペーンシナリオを限定版として発売という話も魅力的。『ニャルラトテップの仮面』はオーストラリア編も含めた完全版が欲しいんだ。

・ブラッドクルセイド
やっぱりヴァンパイアハンターはかわいそうな人たち(あたまがおかしい的な意味で)だということが分かるいいリプレイだった。
あとこの二つ名表いらねえだろw 高校表は半分くらい「部活名+の」、企業表は部署、獣表は種類という。シナリオ作成時にコレを振ってからキャラを作るのはありかもしれん。

・シノビガミ
外道流派:吸血鬼のデータと吸血鬼の生態について。精神の怪物化が避けがたいのはV:tMっぽいけど、厳しい鍛錬(≒忍者?)や魔法の学習によって自制が可能らしいので、ゴルコンダよりは簡単か。つまり、シノビガミの隠忍やマギカロギアの異端者として出す場合には必ずしも幸福破壊者である必然性はないと。
この前ナイチンゲールを幸福破壊者扱いした俺はごめんなさいしないといけないよね。

・ファイアード!
これからも続くよエンドだと……(リプレイが続くわけではない)(話のオチがついてないわけでもない)。ストーリーとしては(ある種異様なテイストだったとはいえ)割りと普通だったが、ゲームとしてはダンジョンとか山手線ゲームとかのギミックやらパルプンテとかの小ネタ含めて面白そうだった。その労力を注げばどんなゲームだろうと面白くなるだろうよということもあり、なぜファイアードだったのかという気もするが。システムとしての必然性はあんまりなかったよね。

・シャドウラン
キャラクターコンテスト結果発表。まだまともにオーグメンテーション読んでないんでよく分からんが、「強化遺伝子の継承者」がヤバいことは分かった。

・バルナクロニカ
基本システムであるはずのトランプを使わないルール紹介て。なんか迷走を感じる。

・ホライゾンブレイク
ロボットものヘクスゲーのルールとしてはちゃんとしてそう。
どうでもいいけど、台詞の最後に「か」が多い文章だな。執筆者の癖と言えばそれまでだが、リプレイ調で複数のキャラにまたがって見られるからちょっと気になった。

・Brand New Games
『ダークネスディアマント』
はいはい延期延期。来月だとしたらカースドランドと被りかな。5月の善本こと『ダイアモンドキャッスル』と連続で出たら嬉しいが。

『ゲームで広げるキャラ&ストーリー』
TRPGを通じてライトノベル作家になろうという本だそうな。サークルでもそんなキャッチを書いた看板を作ったことあるが、アレ今でも使ってんのかな。
というか何よりも、「ストーリー仕立て」「リプレイ風」という煽り文句が非常に読みたい気持ちを起こさせる。そう、喩えるならマナ先輩が持っていたオーラに近いものを感じる。

・安田均のゲーム航海日記
ダイスレスを追求した結果がビンゴシートかー。実プレイには大量のシートが必要だと思うんだが、商品化の時にはどうするんだろう。
スポンサーサイト

シノビガミ龍 龍動忍法帖 (Role&Roll Books) (Role & Roll Books)シノビガミ龍 龍動忍法帖 (Role&Roll Books) (Role & Roll Books)
(2012/02/28)
河嶋 陶一朗、冒険企画局 他

商品詳細を見る
買いました。

・ルールパート
ハグレモノ以外の五大流派に『弐』に掲載された三つ+1の四つの下位流派データ(斜歯:運命を読み取る魔術使い「御釘衆」、鞍馬:降魔拳士「蓮華王拳」、比良坂:毒と薬と美貌を以てVIPを影から操る「麝香会総合病院」、御斎:迷宮デイズとコラボ「旧校舎管理委員会」、隠忍:妖魔とのチェンジリングたち「長耳」)。ハグレモノは世界忍者連合残しで三つ新流派追加。『弐』のハグレモノ下位流派は流派というよりは血盟に近い組織って印象だったが、今回追加された影絵座、不知火、咎眼流はどれも弱小流派で、斜歯忍軍にハグレモノが忍法狩りされているという世界設定により忠実になった感じ。ハグレモノ新規流派は名前で大体分かるよね、影使い、炎使い、邪眼使いです。あと各下位流派の三つの忍法のうち一つと秘伝忍法もいくつか入れ替わっている。
世界設定的にはこれまでのリプレイが反映されて人外毛蟲や緑川白子がNPCリストに載ってたり。御斎学園はそれぞれに縄張りを持つ複数の生徒会が乱立状態になっており、なんか番長ものっぽい。『戦』がちゃんとあったことにされたのが嬉しい。ちなみに下位流派としての生徒会の代表は相変わらず早乙女剣のまま。
あとR&R誌に載ってた妖魔武器と妖魔の運用に関する指針が再録され、エネミー強化用流派(忍者というよりはマギロギで言う越境者=忍者以外の超常存在)である外道流派のデータが新録。

・リプレイパート(ネタバレあり)
鴉とかなりあの物語という点ではほとんど外伝みたいなストーリーなんだけど、しっかりブラッドクルセイドとのクロスオーバーをやってくれたので個人的には満足。ブラクル一巻では単なるマクガフィンだった「枝」の正体が分かるよ! 最終的には御斎学園が舞台っぽいし、『戦』とコラボもして欲しいものだが。しかしデータ的にはある程度仕方ないとはいえるが、せっかくのイギリスなのにドラゴンパレスじゃなくて血社がメインだったな。しかも何故ゴリラ吸血鬼忍者。最後まで読んでも敵吸血鬼がゴリラである必然性がないw
ローマン・ヒーロー、ジェネラル・カイザー・ローマは常に一人称がカイザーなところとか小荒が好きそうなキャラだな。奴がやるとしたらローマ皇帝みたいな高尚なテイストはついてないもっと身も蓋もない感じだろうが。
あとハサミかわいい。マジヒロイン。相変わらず口調のせいで男の娘属性はまったく感じないが、鴉とのバディものとしては理想的じゃないですかね。これで薄いBL本が厚くなるな……。シノビガミ本が存在すればだが。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。