残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R Vol.84

Role&Roll Vol.84Role&Roll Vol.84
(2011/09/09)
アークライト

商品詳細を見る
・ファイヤード!
なんかどの方向からもアレな評価しか聞かないんですけど……。ルールブックチラ見して今回のリプレイを見ただけだけど、やっぱりゲーム的に面白いシステムとは感じられないんだよな。
あとユリリカさんがmktnに見えました(関係ないことでお茶を濁して締め)。

・カオスフレアSC
さすが公式に「カオスフレアのなり損ない」呼ばわりされてるアネール殿下はブレないな。浅井長政にも距離を置かれてテオス内での立ち位置が危うくなってるそうな。そんな王子が呼び寄せたディエティ三種のデータ。
謎の伏線が撒かれてるのは、発売が予告されたサプリで回収されるんですかね。

・アーカム計画
タイトルは「ミ=ゴとUFO」だけど、基本的な歴史上のUFO事件の解説が主で、クトゥルフに関連付けたテキストは半ページくらい。近代ヨーロッパ辺りを特集してた時も思ったけど、どちらかというと誰でも手間掛けりゃ調べられる前者のような内容よりはシナリオフックになるネタを載せて欲しいな。

・聖戦士物語
女ドレイクのアローネさんが倒されましたの回。やっぱり読参蛮族企画はこのキャンペーンに不必要だったんじゃないかな。前も書いたけどもっと本筋に描写とか注力した方が……。

・シノビガミ
良かった今月もあったんだ。予告にないから不安になっちゃったよ。
今回は妖魔の弱点の指針と妖魔武器のデータ。
マギカロギア二巻の延期はまぁ想定内。

・ハンターズムーン
ハンター以外の能力を持つハンターキラーである越境者について。つまり半分くらいは他のサイフィクシステムとのクロスオーバーネタ。
こういう世界観関係の記事読んでるとすごく楽しいので、ついに密林に注文した。とりあえず一巻だけだけど。

・バルナクロニカ
「……いや、私が聞きたいのはだな。……魔導師は……その、……ローブの下に何を着ているか、なんだけど」
「それは、今、聞くべきことなのか?」
(中略)
「ミルダ。いいかい。魔導師のローブの下は……」
「そんなこと! 今、話さなくたって」
「……何も着ていない」
変態だー!!(AA略
これが生存者のほとんどいないゾンビ村でゾンビから逃げ隠れてる最中の台詞だってことも変態っぷりに拍車を掛けてますね。いやまぁ、話の流れは分かるんですけど、愛を示すために何も着てない描写は必要だったんですかね? あとこの書き方だと魔導師が裸ローブなのは一般論のように聞こえるんだがそれでいいのか。

・Brand New Games
『SW2.0リプレイ Sweets』
表紙の二人がイチャイチャすると聞いて今からwktkが止まりません。和六里ハルのイラストもイイ感じ。

『幻惑のノスタルジア』『龍動忍法帖』
マギロギとシノビガミが二ヶ月連続刊行で順調ですね。まぁ遅れる覚悟は常にしときますけどね。

『オーグメンテーション』
ついに発売決定(11月)かー買わなきゃなー。

『ヴァンパイア・クルセイド(仮)』
サイコロフィクションのヴァンパイアハンターもの、らしい。題材は好みなので、これも買うとなるとコンプ欲的にこのままピーカーブーまで買っちゃいそうな感じだな……。
スポンサーサイト

夏のRPG

ソード・ワールド2.0サプリメント  ウィザーズトゥームソード・ワールド2.0サプリメント ウィザーズトゥーム
(2011/08/20)
田中 公侍、グループSNE 他

商品詳細を見る
・深智魔法
ギアスktkr。シナリオフック的にギアスは好きな魔法なんだ。ただ12レベルか……。三分の二してもちょっと高度になってるな。12レベルのウィザードが関わってるって時点で結構シナリオは限られてくるなw
・神聖魔法
メティシエの無限サモンアンデッド問題はルール的には解決されないままか……。
・妖精魔法
大分変わったというかほとんど新ルールだけど、基本ルールの(それだけではほとんど意味の無かった)宝石ルールとかを見ると最初からある程度こんな形にすることは想定されてたのかなぁと予想。
若干ややこしいのは他の属性で補って契約ランクよりも高ランクの魔法が使えるってとこだが、そこまで複雑ではないので慣れればいけるか。レベル×2時間かかる契約変更ルールも、便利は便利だけどシナリオ中にやるにはちょっと考えさせられる時間でいいバランスだと感じる。
・魔動機術
オプションがめんどいというか色々考えなきゃならなくなったなぁ。その分強力ではあるんだけど。
・魔剣
世代の設定と具体例としてのデータはシナリオフックとして優秀。

モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)モノトーンミュージアムRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)
(2011/08/24)
すがのたすく、F.E.A.R. 他

商品詳細を見る
部室に転がってたので拾ってきた。
こういう耽美かつ退廃的なアレ(個人的類型例:バロック、サンホラ)は俺の中の中二心を刺激してくれてイイのだが、そういう雰囲気ゲーにはSRSは合わないんじゃないかと連載時から思ってました。まぁ今でも戦闘はいらないんじゃねと思わないでもないが、神業系ブレイクスルーもキャラロストに近づくという代償があったりして、それなりに好みな感じ。
一番いいと思ったのはドラスティックな変化が起こる歪み表や世界歪曲表。どちらかというと冒企システムに近い感じ。いきなりクライマックスフェイズになったりいきなりエンディングフェイズになったりするよ! というか世界歪曲表の12はまんま全土ジオイドw

『アサルトエンジン』
こんなものが。サーペントに挟まれた広告で気づいた。サプリを売って利益を出すマーケティング戦略なのかなぁ。
とりあえずざっと見た感じ、すげえ勢いでベットゲーになるしかないと思うんだが、戦闘中すべての行為判定において、ベットするか否かプレイヤーの意思統一を図らなきゃいけないのは地味に結構重くなる気がするんだが。

六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
山形 石雄

商品詳細を見る
あらすじ:魔王を倒すために神に選ばれる定めの勇者は六人のはずだったが七人いた。そのうち一人が敵だったので魔族の領域に入る前に足止めされた。結局偽物は判明したが、それでもやっぱり七人いた。

やってることは地味だけど一巻完結でも納得できるくらいよくまとまってて面白かったです。ていうか裏表紙でシリーズだってこと知らなかったらもっとオチで驚けたと思う。シリーズだってことは最後まで明かさなかった方が良いんじゃなかろうか。
やっぱり山形先生のキャラ造形はいいですね。主人公は地上最強を自称し、どんな状況でも笑うことを信条にする男。でも非凡な才能は持ち合わせておらず、努力のみで今の実力を身につけており、メイン武器であるはずの剣技はせいぜい一流止まりなので主に暗器(例:毒針や小規模な爆弾)で戦う。なので他の奴からはよく卑怯戦士とか言われる。実際作中でもよくボロボロにされてるが、ちゃんと戦闘では勝てなくても目的は達成していくので格好よく見える。この辺秋田イズムの信奉者的にツボな部分。
あとナッシェタニアはノロティちっくなキチガイでかわいいです。これから敵にも味方にもなりうる感じ。

アウトギャップの無限試算 (ソウルドロップ)アウトギャップの無限試算 (ソウルドロップ)
(2011/07/29)
上遠野浩平

商品詳細を見る
新キャラ・ショタ中学生奇術師トリート先生かっこいいの巻。先生がMPLSであることはほぼ間違いないと思うが、今回は己の存在意義に悩んでるだけで終わってしまったので、次巻以降の登場に期待。あるいはブギーシリーズか、『恋情』のような形でしずるさんシリーズで出てくるともっと嬉しいが。
本筋の方は相変わらず進んでるようなないような。千条の吸血鬼設定とかもう忘れそうですよ……。やはり雫ちゃんが重要パーソナリティなんだなということは感じ取れた。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。