残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シノビガミ怪

現代伝奇バトルRPG シノビガミ怪 冥王裁判 (Role&Roll Books)現代伝奇バトルRPG シノビガミ怪 冥王裁判 (Role&Roll Books)
(2011/07/29)
河嶋 陶一朗、冒険企画局 他

商品詳細を見る
買ったよー。
世界設定を少し変えて退魔編。それに伴いサブタイも「現代伝奇バトル」に。これによって
  • 現代編:『壱』『弐』『参』『死』
  • 戦国編:『乱』
  • 退魔編:『怪』以下続刊
という形になりました。

世界設定についてはこれまで明らかになっていた通り。残念ながら神仏についてはほとんど触れられていませんでしたが。それどころかシノビガミの基本的な設定、忍者や各流派についての記述もなしという潔い仕様です。まぁスタンダードに退魔ものをする上ではあまり問題はないと思いますけど。
しかし、流派の流儀が変更されているのも相まって、御斎→ハグレモノ→斜歯→鞍馬あたりの仇敵関係がなぜそんなことになってるのかますます分かりづらくなっている気がw

期待のリファインルールは見切り判定が基本的になくなり、それと同時に隠し特技ルールもなくなって、最初から修得している特技のうち一つを奥義使用に指定しておく形になったくらいで、ほぼそのまま。しかしやはり積み重ねのなせる業か、細かい記述とかが統一されてて見やすくなってますし、バランス(回復判定、戦闘乱入、変調、それと前にも挙げた【頑健】とかが変更に)も良くなってる気がします。
でもこれ、完全アップデートという訳じゃないんだよな。混ぜられるし。なんだろう、P3に対するP3Pというか……うん、上手く喩えられないや。

上にも書いたように既に続刊が予定されていて、リプレイも話としてはまとまってるけど普通につづくになってるし、嬉しい限りですね。

以下どうでもいい点
  • グルーミーというか水中用MSというかな機械アームと脚を装備した斜歯のサンプルキャラがかわいい。
  • 途中まで『壱』とサンプルキャラのイラストの性別を逆転させてるのかなと思ってたが、隠忍だけやっぱり女だった。
  • ハサミは言動的に単なる女装キャラであって男の娘ではないと思うんですがどうでしょう。
  • 相変わらずの脚注ネタ。今回は「四天脳ジーニアス斜歯が開発したコーヒー飲料『天才のオレ』」が好き。
スポンサーサイト

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。