残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(6) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(6) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/09/19)
秋田 みやびグループSNE

商品詳細を見る
表紙のソラが角かわいい。
刊行早いんだけど伏線細かい分けっこう忘れてるなー。秋田リプレイを読むといつも思う。

ソード・ワールド2.0リプレイ  マージナル・ライダー(1) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ マージナル・ライダー(1) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/09/19)
グループSNE田中 公侍

商品詳細を見る
PC三人な上、その技能構成はなんなのかと思ったが、パーティ編成がフレキシブル(しかもPCと比べて高レベル)と知って納得。これも結構長そうな雰囲気を感じさせるし面白いかどうかはもっと後になってからかな。今後壮大になりそうな雰囲気を感じさせるという点ではすごく良い。

ソード・ワールド2.0リプレイ  たのだん(3) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん(3) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/08/20)
グループSNE藤澤 さなえ

商品詳細を見る
たのだんってこんな話だったっけ……砲台になるダンジョンの伏線とかなかったっけ。あと、結局シャーリィが主人公だったんだな。序盤は初心者対象リプレイということもあってチロルがフィーチャーされてた気がするんだが、その辺も含めて全体的にブレてる印象。キネマティックノベルを見れば解消されるのか?
しかし、プレイヤー視点リプレイはいいんだけど、会話部分以外の地の文の所までPC視点が侵蝕してるのが気持ち悪いなぁ、などと思ってたら最後に明かされる衝撃の事実。
プレイヤー自身も(引用注:レクサスがシャーリィに好意を持っていることを)まーったく気付いてなかったんだけど!!
マジで!? 嘘だと言ってよバーニィ! すべて承知の上でラブコメ展開を演出してたんじゃないの? 仮にも商業リプレイで、ちょっとそれはメタ視点に欠け過ぎじゃないっすか?
いやまぁ、ありうるか……。「いやーずっと大切に思ってましたよ、仲間として」「ですよねー」「(一同笑)」みたいなズッコケオチだと思ってたってことになるが。ここまでシャーリィメインで引っ張っといてどうなんだそれは。
リプレイ作品のリアルと脚色を云々するのは不毛かつヤボなことだとは分かってるが、ここは創作だと信じたいところだけど……後書きを読むとなんとも。プレイヤーはGMの掌の上とか書いてあるし、演出的視点がないのかなー。

這いよれ! ニャル子さん 2 (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん 2 (GA文庫)
(2009/07/15)
逢空 万太

商品詳細を見る
ルール:
クトゥルフネタで笑ったら負け。「笑う」とは声を上げる以上の行為を指す。
結果:
勝敗○ 対戦相手ニャル子さん2 1時間時間切れ勝ち

マシンシャンタッカーはちょっと危険だったがこれはクトゥルフネタなんだろうか?
そういやこんなのも見かけたから買って部室に置いといた。
恐怖と狂気のクトゥルフ神話恐怖と狂気のクトゥルフ神話
(2009/07)
クトゥルフ神話研究会

商品詳細を見る
某武林クロスロードなどのイラストで一部では有名なRebisさんが描いていてビビる。この人クトゥルフ要素有ったのか。

君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)
(2009/07/17)
中里 十

商品詳細を見る
百合スレではあんまり評判良くないけど、個人的にはかなり好きだったりする。主人公の子連れの母親の回想という形で話が始まるので、ある意味百合的にはハッピーエンドではないことは予め暗示されてる中、ファンタジーの皮を被っていると思っていたヒロインの皮を剥がそうとしたらマジモンのファンタジーの住人だったので主人公が引いてしまってそれっきりという話なんですが、何となくシムーンっぽさを感じたのです。少女時代という人生の黄金期から普通の人生を歩んでいくキャラクターと、そのまま幻想であり続けるキャラクターの対比というあたりに。

夜の殺戮者―ダイノコンチネント シェアード・ワールド・ノベルズ (徳間デュアル文庫)夜の殺戮者―ダイノコンチネント シェアード・ワールド・ノベルズ (徳間デュアル文庫)
(2009/08/11)
友野 詳番棚 葵

商品詳細を見る
うわー、ますますTRPGっぽくなってきたな。いや別に良い悪いではないんだけど。クラスは現地人(五百年前漂流者の子孫)、現代出身の漂流者、恐竜人の中から一つ選ぶ、みたいな。
新人(田辺あひる)の短編はなんか文章が日本語として読みにくかった。

地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)地球移動作戦 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2009/09)
山本 弘

商品詳細を見る
普通にSFとして読んでたら、
 真っ黒く艶やかな髪を女のように長く伸ばし、後ろでまとめている。ファッションは軍服を思わせるデザインで、髪と同じ黒い色調で統一されていた。特筆すべきはその顔だ。色白で中性的、もの静かだが、触れれば手が切れてしまいそうな鋭さを秘めている。蛇のような冷たい眼光。しかし、その危険な雰囲気が帰って魅力的だ。
(中略)
 ジェノアP、と彼は呼ばれている。
いきなりジェノアが出てきて吹く。意味分からずに混乱したけど作者サイトによるとスターシステムとのこと。意図さえ分かれば安心して理性的な悪役として見られますね。その前にもスターシステムキャラが出てきてたんだが気づかなかったぜ。
しかし、Pて。誤植じゃないだろうけど地の文でも時々ジェノアPと書かれるのでその度に笑ってしまう。まぁSWのジェノアも、男の娘暗殺者部隊とか、人工魔獣の子供たちとか、十分プロデューサーっぽいことしてたけどさw
こういうことされると全部の元ネタを突き止めたくなるのがオタクの性ですが、登場人物多すぎなのと他の著作があんまり手元にないので断念。SW、妖魔夜行、ゴーストハンター等TRPG系は大体気づけたと思うんだが。フェニックスは普通名詞なだけに気づくのちょっと遅れた。
内容的には、『アイの物語』にもあった「AIの方が人間より論理的・倫理的に優れている」という言説がジェノアから語られたり、アシモフ原則を施されたAIがそれを潜って殺人を犯す王道展開など、何となく意見の相対化が見えるかななどと思ったり。まぁ割とそれは些末事で、本筋はタイトルそのものの地球移動作戦に対するハードルが次から次に打ち出される良質のエンターテインメントです。しかし、結論としては山本先生やっぱりニコニコ大好きなんですねというところだが。
スポンサーサイト

R&R Vol.60

Role&Roll Vol.60Role&Roll Vol.60
(2009/09/09)
不明

商品詳細を見る
二部にGM予定を入れてると一部まで作成時間が食い込む病はもうしっかりがっちり膏肓に入ってきてるなぁ。セッション前日に徹夜していいことなんか何一つないと分かりながら、ついインターネット上のテキスト(しかも既読)を読み漁ってしまったりするのは、たんなる逃避を越えた被虐的快感が(ry
ここは一つ発想を転換し、前日24時までに寝られたら自分に御褒美という方向性はどうかと思ったが、どう考えても自分で自分に与える御褒美は自分の懐を痛めずに用意できそうにない。何か良い案はないものか。

・サタスペ イラストレーターセッション
イラストレーターセッションも回数を重ね、相田裕先生も二回目。最早先生何やってんすかとは思わん。と構えていたらRAITA……なんで? という疑問も束の間、ちゃんと書いてありました。ルルブのイラスト繋がりね。確かになんかあった気がするよ。
しかし、PCの欄に書かれている好きな映画を一つも、タイトルすら目にしたことない時点で俺はこのリプレイを読む資格がないのかもしれない……。などと落ち込んでいたらそれらはランダムネーム表で決められた架空映画だったりする世にも恐ろしい罠。
えーと感想は、やはりRAITA絵の肋骨はよいものだと思いました、まる

・アーカム計画
映画『サマーウォーズ』で、オンライン対戦ゲームに勝つためにスパコンと軍用回線を用意する展開がありまして、それに驚いた主人公はその通信車を用意した小父さんに「どこ所属なんですか?」と質問するんですが、それに対する答え「ちょっと言えないところ」があの映画の個人的にカッコいいと思ったシーンの一つです。カズマ君かわいい。
まぁクトゥルフで特殊部隊って使いにくいよねって話です。この記事は面白く読めたけどさ。NPCとして出張ってきて「うわーもうだめだー」のセリフと共に発狂、以降単なる傍迷惑な地形効果になるくらいが丁度良いのかな。PCがデルタグリーンできるほどのデータ量でもないしな。

・カオスフレアSC
火星人を出すくらいなら、もっとフラットウッズ・モンスターとかもばんばん出しちゃえばいいじゃない。そしてとらエリの世界も飲み込んじゃえばいいじゃない。とらエリの超次元物質フラグメントはマーキュリーとかダスクフレアの世界卵とかで大体代用可能だと思う。システムのコンセプトはこれっぽっちも被ってないけど。ここまで書いといてケファロメガス以外のブランチも実際の宇宙人ネタを元ネタにしてたら土下座もん。

・シノビガミ
シンプルな対立型シナリオですね。シノビガミ入門用とかによさそう。芹沢翁は結構な確率で願いを叶えるための生贄になりそうな気がするのは気のせいだろうか。
(追記)プレイしました。
プレイするまで勘違いしてたけど願い叶えたら使用者も死ぬのね。そこ分かってなかったから芹沢の孫娘の恋人が自殺したというくだりもよく分かってなかったよ。そりゃ芹沢殺して願い叶えるなんて展開はないわ。復讐者が赤目兄弟のどっちか殺して、くらいか。
セッションではドラマシーンでの行為判定が失敗しまくり、剣の所有者への接触もなく、お互いの情報もあまり分からないままクライマックスフェイズに突入。そのことと、剣の所有者の最初の攻撃を伝承者に当てたのが重なり(剣の所有者のキャラロールとして何となくやったんだけど、振り返ってみればこれは悪手だったなぁ。初手から範囲攻撃で全員を削りにいかないとフェアじゃない)、赤目兄弟側が勝ち、伝承者と復讐者は両者死を選ぶというエンド。
あと、クライマックスフェイズ開始時に陣営がハッキリ分かれてなかったため、同時イニシアティブ時の行動宣言順に関してちょっと揉めた。その時は順番にやらせたけど、プロット式が公平かな。こういう状況は結構起こりうると思うので、できればルールで規定しておいて欲しいな。丁度サプリ出るし。


・スピコピ
ほんま緑一色先生のセッションを面白く描く能力は三千世界に響き渡るで。でもいくら面白そうでも、やっぱりフレイムギアってちょっとRPGじゃないよなという思いはぬぐえないのであった。

・Brand New Games
『クイーンズブレイド THE LIVE メイドに誘うものアイリ 森下悠里EDITION』
どこへ行く、そしてどこまで往くクイーンズブレイドよ……。これでちゃんと自分の金を出して買っていたなら「恐ろしい子……!」と月影先生の顔が出来るのだが、俺にできるのは今や次元の壁を突破したクイーンズブレイドを遠い目で見守るのみ。
もうこうなったらどこまでも行っちゃえばいいんじゃないかな! 組長さんが言ってたけど、もうガッツリと男キャラ(男の娘に非ず)とか出してGirl's Side展開しちゃえばいいんじゃないかな!

『ブルーローズ ネクサス』
俺はこれをバスの中で見た時、正直驚きの声を上げるのをこらえる必要があった。そしてその後は喜びと興奮の声が漏れるのを頑張って耐えた。この感動を伝えるべく、ロック中の部室に乗り込んだら「そんなのとっくに知ってるよバーカ(筆者の悪意的誇張表現)」って蟻の人に言われてぐぬぬ。
でもコレ尋常じゃないくらい嬉しいっす。なぜなら基幹システムがデュアルロール。ベースがガンドッグならあの細部の滅茶苦茶なバランスの改善もかなりの確率で見込める。ブルーローズでキャンペーンとかやりたいなぁ、でもやるとしたらあの格闘や魔法のバランスを取らなきゃいけないなぁとか怠惰なことを思っていた俺によし。これ出たらキャンペーンやってもいいって気になってきた。
そして何より、予想もしてない姿に変わり果ててしまった現ダークブレイズを横目に水子の歳を数えるような不毛な真似をもうしなくて済む(いや、現ダークブレイズをdisるとかいう話じゃなく、現ダークブレイズを見ると最早手に入らない幻想がちらついて悲しくなるんです。個人的に)。ぶっちゃけ、魔法TRSさえあれば自家製ファンタジーデュアルロールシステムを遊ぶことも難しくないはず。
ああーヤバいなー、自分で分かるくらい期待値上がりまくり。イスカンダルとダークブレイズのことを思えばポシャる覚悟もしといた方がいいと思うが、これで出なかったらと思うと被虐的快感を覚えるくらいのテンション。いいから落ち着け。

ニオスって誰だよ

ヌーム「私だ」
ロック「お前だったのか」
ヌ「また、殺しそこねたな」
ロ「まったく気付かなかったぞ」
ヌ「必ず戻ってくる」
ロ「一千年を生き長らえた超人と」
ヌ「反超人の」
ロ・ヌ「「遊び」」

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。