残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかあれこれ読んだけど引っ越しに伴うネット断絶期間で記憶からいろいろ欠落。にしても最近新しい物に手を出す基準が「百合だと聞いたので」だけなのは危機感を覚える。
the Sneaker (ザ・スニーカー) 2009年 06月号 [雑誌]the Sneaker (ザ・スニーカー) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/30)
不明

商品詳細を見る
僕たちの秋田先生がライトノベルに戻ってきてくれましたわーい。いや、あいつ(ryもあったけどさ。
中身は良くも悪くも導入だったのでまだ何とも言い難いですが、乗り合い船の人物紹介とかには秋田先生を感じて感無量。

ライトノベル研究序説ライトノベル研究序説
(2009/04)
一柳 廣孝久米 依子

商品詳細を見る
TRPGとの関連の項とかそれなりに納得しながら読んだんだけどさ、これに限らずライトノベル解説本でオーフェンが魔術師になってるのを発見した時点で説得力もクソも感じなくなってしまうのは悪い癖だな俺。

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太

商品詳細を見る
危うく表紙買いしてしまいそうなところを自制していたら、まほー屋のパパが買ってくれました。
なんつーかクトゥルフだと思ったらライトSFだった、みたいな。とりあえずヒロインにニャルラトテップのラベルを貼っただけで、ニャルっぽいのは最後にトラペゾヘドロンから出てくるところくらいだったのが残念。ニャルラトテップの化身に好かれるなんて、どんなに献身的に尽くしてくれているように見えてもそんじょそこらのヤンデレと付き合うのとは比べものにならないほどの恐怖体験じゃないですか。そういう展開ならヒロインがニャルである意味があると思うんだけどな。
我ながら原作村の住人みたいな嫌な視点からの感想ですね。原作村に住めるほど原作も読んでないくせにね。
でもなんだかんだ言って「サイクラ脳腫」には笑わせて貰ったので俺の負けw

カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)
(2009/01/15)
高瀬 彼方

商品詳細を見る
カラミティナイト-オルタナティブ-2 (GA文庫)カラミティナイト-オルタナティブ-2 (GA文庫)
(2009/03/14)
高瀬 彼方

商品詳細を見る
(うろ覚え)
百合だと聞いたのでその何段目か。作中の厨二タームは登場人物が書いた邪気眼ネット小説が元になってるからという設定には納得せざるをえない。でも『慟哭の三十人衆』とかは自分で名乗ってるんだよねこの人たち……。
主人公が変身するとヒロインと同じ顔になるのはキャラ造形としてなんか居心地の悪さを感じるんだがなんか意図があるのかね。

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人 (ガガガ文庫)どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人 (ガガガ文庫)
(2009/03/19)
中里 十

商品詳細を見る
(うろ覚え)
変態!変態!変態!(AA略)(褒め言葉) 百合だと聞いたのでその何段目か。基本的に女性キャラしか出てこないドロドロ多角関係物。終始落ち着いて衒学的な筆致と、内容の変態っぷりのギャップ萌え小説。
表紙のデザインで見るとそれほどでもないけど、タイトルを字で書くと前作どろぼうの名人が最初に来てて違和感。元が同じゲーム原案・同じ世界とはいえ全然関係ない話だったからな。

ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(4) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(4) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/02/20)
秋田 みやびグループSNE

商品詳細を見る
(うろ覚え)
化身奪還キャンペーンクリアーと共にシリーズ終了かと思ってたけど、まだ続くのね。みやび先生のNPC利用テクニックは素晴らしいと思うので、これからも期待。

ソード・ワールド2.0リプレイ  たのだん(2) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん(2) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/03/19)
グループSNE藤澤 さなえ

商品詳細を見る
(うろ覚え)
この本に書かれていることをそのまま信じるならば、「たまたま引っ張ってきたTRPG未経験者がたまたまロリロールに長けていた」ということになるが、そんな事実を認めてしまうとSAN値が下がりそうなので、是非とも真相を明らかにして頂きたいが、そんなことがありえるはずもなく。こうして宇宙的恐怖は大衆の目から隠蔽されていくのですね。わかります。

ソード・ワールド2.0リプレイ  拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/04/20)
諸星 崇グループSNE

商品詳細を見る
なんか途中から連載読まなくなっちゃったので、単行本化を機にまとめて読もうと思ってたが、一巻分くらいは既に読んでるんだな。部室でR&R読むかー。
スポンサーサイト

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。