残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シノビガミ

現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books)現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books)
(2009/05/29)
河嶋 陶一朗冒険企画局

商品詳細を見る
というわけで有言実行シスターズ。買って来ました。やっぱりこのシリーズはリプレイの方が分量多いんだ……。その分ルール部分のフォントが小さい気がするけどまぁ読めないほどじゃありません。

基本システムはピーカーブーと一緒ですね。マスターの指定する技能を持ってれば固定値判定。持っていなければ所持技能をこじつけて、指定技能との距離だけ難易度アップ。技能が六種類に分かれてて、生命力が一点ずつそれぞれに対応、ダメージで生命力が削れるとその種類の技能が使えなくなります。PCは六つの忍術流派に分かれてて、それぞれが六つの技能種別の内一種類を得意とするのもピーカーブーと一緒(だったよね? ちょっとうろ覚えだけど)。この辺、お化けという何でもありな存在を六種類の型に嵌めてしまった感のあるピーカーブーより自然な感じ。

で、メインのセッション運営システムは、すげーロックっぽいw いや、悪い意味じゃなく、我々はそう理解するととても受け入れやすいw
表向きの使命ではない本当の使命など、そのPCしかしらない秘密や、そのPCの居所を探るドラマシーンは接テレ。居所を知っているPCには戦闘を仕掛けられる。ターンを使ってキュアもできる。
また、ドラマシーンでは他PCと感情を結ぶことができ、感情を結んだ相手が情報を得ると同時に見ることができる。感情を結んだ相手の戦闘には乱入できるので、対象が敵か味方か問わず積極的に結ぶのがいいかと思います。

戦闘では、イニシアと抽象距離とファンブル値が同時に決まるヴェロシティシステムはかなり面白そうなんですが、こればかりは実際にプレイしてみたいところ。
奥義システムは戦闘スキル一つにいくつかの中から一つ追加効果を付け加えて隠し持つというもので、まあこんなもんかと。ただ、一度見た敵の奥義は奥義破り判定で無効化できる可能性があるのがそれっぽくていい感じ。奥義の名前決めチャートがあるのも雰囲気作り的に重要ですね。

あと、クライマックスフェイズで生命力が0になると、死亡を確定させる代わりに敵に攻撃するか味方に情報を残せる(死亡せずにこの効果を使わなくても良い)という死亡ルールは、個人的にすげー忍者モノの雰囲気を感じました。クライマックスフェイズに限定せずともいい気もするが、普通のプレイヤーは途中で死亡確定はさせないか。

総じて、かなり好印象。とりあえずサンプルやってみよう。シナリオとしてはかなりベタだけどw
ピーカーブーの時はピクリとも反応しなかったのに……ふしぎ!(嘘。ちょっとは反応したかな。実際一回セッションに参加してるし) やはりPC間戦闘ができるかどうかの差か。これは純然たる趣味の問題ですが、PC間戦闘ができるシステムとできない(想定されていない)システムでは、前者に圧倒的に魅力を感じます。すべてのシステムがそうあるべきだとはまったく思いませんが。
スポンサーサイト

30

勇者30勇者30
(2009/05/28)
Sony PSP

商品詳細を見る
シナリオでリスペクトもしたし買ってみた。

とりあえず女神様の押しが強すぎるw 体験版から薄々分かっていたことではあったが。
女神とけいやくしますか?

  はい
ニアいいえ

「あなたがいいえと言いたい気持ちはよくわかるわ。でも、むかしからいいえを選んで話が進んだためしはないじゃない?
(以下ループ)
の台詞には笑った。
あと1ステージクリア毎にスタッフロールを流す演出には突っ込まずにいられない。

AG

ああ、やっぱり……。

ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books)
(せっかくなので大きく表示させてみました)

R&R Vol.56

Role&Roll Vol.56Role&Roll Vol.56
(2009/05/15)
不明

商品詳細を見る
・Brand New Games
『ガンドッグゼロリプレイ アゲインスト・ジェノサイド』
あのー、余計なお世話というのは重々承知なんですが、まさかこの銅像のイラストが表紙絵なんですか? 旧ルールブックに女性のイラストがないと喜んでいた俺でも、もう少し こう 何というか キャッチーさというか…って言っちゃいますよ。

・ゲームマスターをやろう! 2009
最初の内はなんか反応してたけど、もうなんか定例行事になっちゃいましたね。特に今回はどっかのデザイナーとかが書いてるでもなく、編集部による当たり障りない感じの記事ですし。
でも、反省会をしようと書かれてたのは個人的に好印象。やらない方が良いといいと明記されてるルルブもあるからなぁ。そっちの思想が理解できないわけではないが。

・ダークブレイズ
お、おお……なるほど、速水螺旋人絵の世界なのか。想像してたものとはちょっと違ったが理解はできた。ユグドラシルエンジンも虐待してない妖精エンジンって感じだし。
しかし、ホントにダンジョンに特化されてるっぽいなー。廃墟ゲーなのはちょっと心動かされるが(ていうか、これが廃墟ゲーならSWも廃墟ゲーになってしまいそうな気もするが)、あまりにもダンジョンすぐる。あと、一回の行為判定で計六回引き算しなければならないのはちょっと重いんじゃなかろうか。

・シノビガミ
どうしよう、新作三つの中でこれ一番面白そうよ。いやどうしようってことはないけどさ。なんなら実プレイ待たずに一番乗りで買ってもいいくらい。忍術とか戦闘周りがしっかりしてれば、マジで山風再現もできそう。

・フレイムギア
人型兵器を成立させるために嘘んこエネルギーがあるのは当然いいんだけど、そのパワーソースが人間の霊的エネルギーってのがギガントマキアと同じ臭いを感じる。あれもチャクラとかだったよな。
世界はカオスフレアのオリジンというか、仮面ライダーの活躍しなかった昭和ライダーの世界というか、1999年から2015年までに六個の敵性組織が活動し始めた近未来の地球って設定がちょっと面白かった。
特に魔術テロ組織! 異星人やら異次元からの侵略者やらが来てるってのに何に対してどうテロを行ってるっていうんだw 一応人間なんだったらもっと他にやるべきことあるだろと。魔術を使えない凡人どもは絶滅しろという信条なら納得できるが、最早それはテロリズムじゃないと思う。

ねくたろ

Necronomicon TarotNecronomicon Tarot
(2007/09)
Donald Tyson

商品詳細を見る
pixivでつらつらとクトゥルフ絵を眺めていたところ、ペルソナでタロットという企画でニャル様を大アルカナの塔にしてる絵を描かれてる方がいましてね、むうアザトースは愚者か世界かどっちだろかと他の神性も当てはめる遊びをしかけたところでふと、クトゥルフでタロットとかこの程度の発想なら既に他の人間がやってるに違いないとgoogle先生に託宣を賜ったらバッチリありました。しかもちゃんと商品化されてたので早速AmazonでCall Deityですよ。
でもこれ、全部がクトゥルフ神話の神性ってわけじゃなかったのがちょっとしょんぼり。戦車とか「バビロンの獣」ですからね。解説書も付いてたけど、まだちゃんと読んでないのでなんでクトゥルフオンリーじゃないのかよく分からない。あとなんで世界がイグなんだよ! もう一つ、恋人はナグとイェブだろjk。

こういうギミックがあるとシナリオネタの妄想もひろがりんぐでいい感じです。あと新入生はモンスターの名前言われてもビジュアルイメージが湧かないだろうしな。
どうも近年の自分の新歓シナリオの傾向を自己分析するに、GMとしては設定した状況に対してPLにあれこれ動いて欲しいという基本スタンスがあって(これは前から自覚してたけど)、しかし新入生はそういうシナリオに参加してもうまく楽しめないだろうという割り切り、かと言ってこっちから動かすのはやりたくないという我が儘が止揚された結果、とりあえず一発ネタでビックリさせとこうみたいなシナリオが生まれるのだという結果に落ち着きました。
というわけで、とりあえずJOJO第三部ばりもしくはペルソナばりにPCに象徴するタロットを渡して、平成ライダーばりにそれを奪い合うバトルロワイヤルみたいなシナリオが出来そうな予感。調査系も慣れというか一定の型が必要とされる時点で新歓向きじゃないと思ってるからなぁ。いや、もう新歓時期じゃないし普通に調査系やっても問題ないんだけどさ。

BtB

ガンドッグゼロ サプリメント バイト・ザ・バレット (Role&Roll RPG) (Role & Roll RPGシリーズ)ガンドッグゼロ サプリメント バイト・ザ・バレット (Role&Roll RPG) (Role & Roll RPGシリーズ)
(2009/04/28)
狩岡 源アークライト

商品詳細を見る
ほとんど旧ワイルドライフ相当のデータ集だけど、特筆すべきはさんざんいらない子扱いされたあげく存在を抹消されたハウンドの復活。しかも女性化。でも、新ハウンドたんはともかく、初代ハウンドはずっといじられキャラのままだろうことは想像に難くない。
あと、サンプルシティに元々のメキシコのエルトロスに加え、周囲に海賊が横行しているという設定のインドネシアの都市ランタウバライが追加されたのはナイス。人物設定とかはあんまりロアナプラじゃなかったのが驚きと言えば驚き。広告のコピーとかミッション・ロウとかは(ブララグに限らず)元ネタまんまなのにw
今メキシコシナリオがアツいかなーとかふと思ったが次のマスター予定日までには流石に下火になってるかな。

なんかあれこれ読んだけど引っ越しに伴うネット断絶期間で記憶からいろいろ欠落。にしても最近新しい物に手を出す基準が「百合だと聞いたので」だけなのは危機感を覚える。
the Sneaker (ザ・スニーカー) 2009年 06月号 [雑誌]the Sneaker (ザ・スニーカー) 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/04/30)
不明

商品詳細を見る
僕たちの秋田先生がライトノベルに戻ってきてくれましたわーい。いや、あいつ(ryもあったけどさ。
中身は良くも悪くも導入だったのでまだ何とも言い難いですが、乗り合い船の人物紹介とかには秋田先生を感じて感無量。

ライトノベル研究序説ライトノベル研究序説
(2009/04)
一柳 廣孝久米 依子

商品詳細を見る
TRPGとの関連の項とかそれなりに納得しながら読んだんだけどさ、これに限らずライトノベル解説本でオーフェンが魔術師になってるのを発見した時点で説得力もクソも感じなくなってしまうのは悪い癖だな俺。

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太

商品詳細を見る
危うく表紙買いしてしまいそうなところを自制していたら、まほー屋のパパが買ってくれました。
なんつーかクトゥルフだと思ったらライトSFだった、みたいな。とりあえずヒロインにニャルラトテップのラベルを貼っただけで、ニャルっぽいのは最後にトラペゾヘドロンから出てくるところくらいだったのが残念。ニャルラトテップの化身に好かれるなんて、どんなに献身的に尽くしてくれているように見えてもそんじょそこらのヤンデレと付き合うのとは比べものにならないほどの恐怖体験じゃないですか。そういう展開ならヒロインがニャルである意味があると思うんだけどな。
我ながら原作村の住人みたいな嫌な視点からの感想ですね。原作村に住めるほど原作も読んでないくせにね。
でもなんだかんだ言って「サイクラ脳腫」には笑わせて貰ったので俺の負けw

カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)
(2009/01/15)
高瀬 彼方

商品詳細を見る
カラミティナイト-オルタナティブ-2 (GA文庫)カラミティナイト-オルタナティブ-2 (GA文庫)
(2009/03/14)
高瀬 彼方

商品詳細を見る
(うろ覚え)
百合だと聞いたのでその何段目か。作中の厨二タームは登場人物が書いた邪気眼ネット小説が元になってるからという設定には納得せざるをえない。でも『慟哭の三十人衆』とかは自分で名乗ってるんだよねこの人たち……。
主人公が変身するとヒロインと同じ顔になるのはキャラ造形としてなんか居心地の悪さを感じるんだがなんか意図があるのかね。

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人 (ガガガ文庫)どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人 (ガガガ文庫)
(2009/03/19)
中里 十

商品詳細を見る
(うろ覚え)
変態!変態!変態!(AA略)(褒め言葉) 百合だと聞いたのでその何段目か。基本的に女性キャラしか出てこないドロドロ多角関係物。終始落ち着いて衒学的な筆致と、内容の変態っぷりのギャップ萌え小説。
表紙のデザインで見るとそれほどでもないけど、タイトルを字で書くと前作どろぼうの名人が最初に来てて違和感。元が同じゲーム原案・同じ世界とはいえ全然関係ない話だったからな。

ソード・ワールド2.0リプレイ  新米女神の勇者たち(4) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち(4) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/02/20)
秋田 みやびグループSNE

商品詳細を見る
(うろ覚え)
化身奪還キャンペーンクリアーと共にシリーズ終了かと思ってたけど、まだ続くのね。みやび先生のNPC利用テクニックは素晴らしいと思うので、これからも期待。

ソード・ワールド2.0リプレイ  たのだん(2) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん(2) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/03/19)
グループSNE藤澤 さなえ

商品詳細を見る
(うろ覚え)
この本に書かれていることをそのまま信じるならば、「たまたま引っ張ってきたTRPG未経験者がたまたまロリロールに長けていた」ということになるが、そんな事実を認めてしまうとSAN値が下がりそうなので、是非とも真相を明らかにして頂きたいが、そんなことがありえるはずもなく。こうして宇宙的恐怖は大衆の目から隠蔽されていくのですね。わかります。

ソード・ワールド2.0リプレイ  拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語(1) (富士見ドラゴン・ブック)
(2009/04/20)
諸星 崇グループSNE

商品詳細を見る
なんか途中から連載読まなくなっちゃったので、単行本化を機にまとめて読もうと思ってたが、一巻分くらいは既に読んでるんだな。部室でR&R読むかー。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。