残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEコンバット

一応ソードワールド関連まとめて四冊(リプレイ×2、サーラ外伝、リウイ)買ったが、読めるのか? とか言いつつこんな事してるわけだが。
とりあえず新リプレイに採用されて巻末で解説されてるSEコンバットを読む。
簡単に言えばVEコンバットからタクティカル要素を取り除いたものですね。通常ルールと比較すると

・行動順の単純化
敏捷度順ではなくパーティー単位で交互に行動。イニシアはレンジャー技能で判定。
・位置関係の単純化
敵味方がそれぞれ前衛後衛に分かれる。いろいろ揉めてた誤射関係のルールもVEコンバット同様搭載。これで後衛から射撃型魔法を撃つと味方前衛に誤射の可能性アリという怖ろしい事態に。それを避けるには1ラウンドかけて狙わなきゃいけないので大変。狙いを付ければ味方を巻き込まず敵全体だけに範囲魔法を掛けられるようになったのでルーンマスターそのものとしてはトントンかもしれないが、確実にエネボの価値は下がったなぁ。ウィスプ、シェイド、ジャベリンが射撃型じゃないから余計に(小説でもリプレイでも勿論セッションでも殆ど描写されてないが、精霊魔法は精霊力を門にして精霊を召喚して、魔法の効果を発揮してもらって、最後に送喚するという手順のはず。敵の背後にいきなり出現して槍をぶつけるのは勇気の精霊的にどうなんだという気もするが)。

VEコンバットの時にも同じこと言った気がするが、総じてローカルで普及しているというメリットを捨ててまで導入する程ではないなあ。戦闘だけのテストプレイに付き合わせるのはプレイヤーに忍びなくてやってないので(そしてこれも多分やらないので)偉そうなこと言えないけど。睡眠、転倒とかの状態異常の扱いや、武器を拾ったり等の行動の指針は通常ルールでも使うかも。射撃魔法は……3mも動けるなら射線通るだろ。なんせ魔法だし。という扱いだないつも。そしてこれからも。

ところでSEコンバットのSって何ですか?
スポンサーサイト

Role&Roll Vol.28

・Brand New Games
とりあえずエンサイクロペディア・クトゥルフとエマージェンシー(ガンドッグサプリ)を購入予定表に入れた。エマージェンシーはカレンダーに一行あるだけで、ここに記事もないしガンドッグのページでも触れられてないのは問題だと思う。アークライトの広告ページが一番扱い大きいってw
ウォーハンマーは興味あるけどまだ自分で買うほどじゃないなー。

・アルシャードガイアリプレイ
シャードはペルソナ作ったりするのか……ますますシャードはクエスターを操る怖ろしい物体という偏見に磨きがw 言語的コミュニケーションが取れるならマシという気もするが。

・ソードワールドリプレイ
ウィンドは全力移動を全力で選択して全力で逃げれば辛うじて全力で生き延びられたと思う。と思って調べたら移動速度は速いのなミュータントビッグエイプ。でかいからか。追いつかれては殴られを繰り返すからたぶん描写的に距離が足りずやっぱり死ぬな。

・アーカム計画
予告で古史、古伝とあるのを見て竹内文書かよと思ったらマジだったw まあ日本産のクトゥルフ魔道書なんて数無いしな。竹内文書、九鬼文書、東日流外三郡誌といったメジャーどころから新しい辺りで失われた大陸ムーまでいろいろ。それぞれ簡単な解説が付いてます。個人的には古史古伝はクトゥルフというよりブルーローズって感覚になってしまうが、好きな題材ではある。クトゥルフと帝國で北神伝奇(あるいは木島日記)プレイは常にやりたいと思ってるんだが難しいんだよなー。
あと神話的年表に魔道書の書かれた年代が書かれた年表が載ってますが、やっぱりアルアジフなんてごく最近だよね。

・GUNDOG
今回はタクティカルコンバット用マップが旅客機と地下駐車場、劇場の三つ掲載。嬉しいのでこれからもコンスタントに続けて欲しいが、記事として滅茶苦茶地味だよなーこれという不安。

しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales
病院のベッドが安楽椅子な探偵役しずるさんとワトソン役のよーちゃんがいちゃいちゃしたり推理したりいちゃいちゃしたり童話を作ったりするシリーズ三作目。
しずるさんの最大の問題点は、他シリーズと繋がってるせいで何でもアリな世界観になってることだと思う。推理が示されても読者的には全然唯一の解答ではないっつーか。まあしずるさんとよーちゃんが百合百合しい雰囲気を漂わせてれば満足なんですけどね。他シリーズとのリンクの気配も濃厚になってきたが、それはそれで楽しみ。しずるさんが中枢になったら笑う。あと鬼面の騎士事件も書いて下さい。

バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails
完結編じゃなかった続いちゃったよ。内容を把握しているうちに続刊を出して欲しいところ。

化物語(上)
化物語(下)
主人公阿良々木暦が怪異による事件に巻き込まれる話なので分類すれば伝奇物なんだろうけどむしろ正しくキャラクター小説。なんというか最早キャラ萌えだけでライトノベル業界を渡っていけそうというあんまり褒め言葉になってない褒め言葉。いや、素晴らしいと思います。
個人的には素直クール(この用語ももう大概古いか)駿河一押し。ほかにも幼女とか妹系とか優等生委員長とか取り揃えてあります。メインヒロイン戦場ヶ原ひたぎは……ツンデレの範疇には入らないキャラだと思うがツンデレと表現されてる。毒舌が愛情表現なだけで別に照れたりしてないしな。どうでもいいけど戦場ヶ原は地名だと作中で言われてたが、戦場ヶ原には何回か行ったことがあります。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。