残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み本崩し

『マリア様がみてる 未来の白地図』
・赤6:黄3:白1。聖様がいなくなった白なんてこんなもんですよねいいんです。見せ場はそれぞれあったし。最近の白は調停役というか人間関係における便利屋というかなんというか。
・三年生の進路が明らかに。有馬菜々の事も含め、来年も続くに一票。しかし令×祥子がこんなにしっかり描かれるとは。もうすぐ卒業だからか。堪能した。
・残りページ数から逆算してないかと思ってたらあった。最後までの流れ含めてかなりいい感じ。柏木のナイスガイ度が上がるにつれてライバルっぽくなっていってたが、結局は祐巳の独り相撲だからなぁ。これくらいの山があって、次で決着、くらいか。
・それなんてツンデレ?

『ファウスト Vol.6 SIDE-B』
この人が人間ノック読めればいいって言ってたけど、正直それだけのために買うのは高すぎると思う。自分も上遠野がないことにショックを受けてまだ西尾維新しか読んでないわけだが。あと渡辺浩弐。
・人間ノック2 後編
結局人識と双識が株を持ち直し、軋識がストップ安。自殺志願持ってない方が強いって事で間接的に早蕨薙真の株も下がったけどどうでもいいや。あと裸コートで足を舐めさせる死線の蒼はもっとピックアップしていくべきだと思う。害悪細菌は大将と同程度のドMと思われるので、チーター、滋賀井統乃、日中涼とのやりとりを。
スポンサーサイト

読んだもの

気が付いたらファウストのBとマリみて新刊が出てて大変ですよ。思わずSWリプレイを買い逃すくらいに。

『砂漠』
伊坂幸太郎らしい爽やかな青春小説。いつもの作品間リンクがあんまりなかったのがちょっと残念。CDショップで死神出てくるかと思ったのに。本当に小さな気づかないくらいの叙述トリックが最後にピシッと決まるのが快感。

『ロックンロール七部作』
ロックンロールをめぐる二十世紀の偽史。あるいは七つのロックンロールが生まれるまでの物語。『ベルカ、吠えないのか?』に続く二十世紀シリーズ。やはり古川日出男の醍醐味は奇想とイメージ力と疾走感だなぁ。

GPO #11

主人公の すごい 社会不適合っぷり
このままこうやって看護師さんはレギュラー化していくのだろうか。相変わらずグリンガムは可愛いが。ジャーナリストにじゃれつくクイーンもいいね。しかしエステルにスポットが当たったと思ったら源に劣らぬ不適合者。そういうキャラ立てはいいんだが、未だに公式サイトにCVないってずっと喋らないってこと? あと源に喧嘩を売る四人組の神経が知れません。相手がトチ狂って雷電に皆殺しを命じたらどうするつもりなんだ。

サプリ2つ

『VARIANT』
ガンドッグはサプリの出来がいいのでステキ。銃剣、伏射、パイロット強化などユーザーの声にも応えてくれるし。基本ルールでは世界を牛耳ってるかのようだったマイケル・マクラウドカンパニーのライバル、ケレンス&フィリップスが登場して、SHADOWRUNちっくなシナリオもできそうだ。サイバーウェアとバイオウェアも出てきたしw

『クトゥルフと帝国』
つい買ってしまったが……やるんだろうかコレ。読んでて楽しいからいいんだけど。なんか思いついたら北神伝奇ネタでもやろうかね。

R&R Vol.17

光導入してまでいきなり断線は止めて頂きたい所存。マンションの端末のブレーカーが落ちてたって、とりあえずそのブレーカー俺にも上げられるようにしといて下さい。

・六門世界イラストレーターセッション
槻城ゆう子と緑一色では同じキャラが同じキャラに見えません。

・カオスフレアシナリオ
副官の正体教えられてもさて置いちゃったり、あっさりダスクフレアに無力化されたり氷龍将様しょぼくないっすか? いや、むしろダスクフレアとPCたちが相対的に凄いと見るべきなのか。しょぼい感は拭いきれんが。
そういえば前々回のカオスフレアセッション、ジェネラルで戦えてたのは「竜皇軍」の「射程:シーン」を「対象:シーン」だと誤解してたからだということが判明。ごめんね僕はじめてカオスフレアやったからごめんね。結果的に誰も死んでなかったので勘弁して下さい。

・どんどんガープス
サンプルワールドの一つがもう隠すところなく全力の響鬼っぷりで笑った。もちろん死んだら全r(ry

・ガンドッグサポート
女日照りの続く(だがそれがいい)ガンドッグワールドに新たなる萌えキャラが登場。ハートマンリスペクトの既存キャラ、ハーバード・フォルコナーの妹アシュリー・フォルコナー(32)。あれですよ、「家に来て妹をファックしていいぞ」の妹ですよ。まぁ妹は妹でそんな素振り見せようもんなら鳩尾に鉄拳ぶち込まれて泣いたり笑ったりできなくさせられそうなミスハートマンっぷりですが。だがそれがいい。シナリオコンテストの応募者に紙面上で容赦なく罵声を浴びせてる辺りがいい。俺も応募すれば良かったと後悔。思わず語録を作ってしまいます(そんなに元の数ないけど)。
「ほぅ、これが突入するビルのマップか……まるでそびえ立つク○だ! 姉○の設計したビルの方が、まだ気合が入ってるぞ!」
クソはともかく、姉○はヤバいでしょ○歯は。
「よくやった! お前は学芸会の脚本家になれるぞ、帰ってママに報告してこい!……それとも、本気で書いてこうなったのか?」
基本的にネタだし下の真面目なコメントでフォローしてるとはいえ、ひでぇなw 一度言ってみたくはある。言わないけど。
「クソまじめにロールプレイするこたぁない! 神様(ゲームマスター)に任せりゃ、ケツを押してシナリオ進めてくれる!」
若干言い方が柔らかくなってる。「ケツにイベント突っ込んでくれる」ぐらいにして座右の銘にしよう。

・ひと夏の経験値
これで終わりか……タナケンがいなくなった意味あるのか?

GPO #10

終始微妙な感じだった白の章が終わり、緑の章スタート。すごい、命令聞いてるわこの人たち。と、くだらないことで感動。主人公はあっさりぶっちぎってましたが。とりあえず駐車場にちょこんと座ってるグリンガムがポイント高し。同一存在かと噂される金城とエステルに注目していきたいところだが、アニメとゲームは設定違うっぽいんだよなぁ。

カオスフレアプレイ雑感

いきなり最初のプレイでダスクフレアが出てこないシナリオというのもアレだが。やはり絶対悪であるDFという重しが無くなると、パワーバランス重視のポリティカルな話になるなー。しかし、むしろそういう方向性を目指していった方がシナリオの幅が出て面白い気が。パーティアタックになった時は星詠みであることを後悔したが、ブランチ(ジェネラル)で結構戦えたし。

大絢爛舞踏祭3

例会から帰って徹夜明けの頭で祭の進行状況を確認。アルファスレのログを見つつチャットログを見る。おお、成程! アルファシステムが無名世界観という物語を提供してることと、第一と第七のクロスは関係あるのかなぁとか考えてたこともあったが、これほど鮮やかに説明してのけるとは流石エース。とか思ってたら、それを上回る祭がw エレル破壊した原作プレイヤーて。

大絢爛舞踏祭2

うわ、ハズレか。瀧川SSは終わりっぽいけど、謎ゲームは一回休み? 「この方面は閉じられました」って言い方、WTGっぽいな。儀式魔術だから?

大絢爛舞踏祭 一問目

やはりプレイヤーの総体でFAなのかなぁ。配られてるBALLSにも意味があるというのはありそう。ネット活動に対して配られる→第七の基幹技術に関連、とか。

謎ゲー開始

なのだが、いきなり難問だなおい。しかも制限時間付き。

OVERSとプレイヤー、セントラルと世界に溶けた光太郎が関係してそうと言ってみる。根拠レス。

KOWその後

イイ・アクセスで取り上げられたおかげか、人数大幅アップ。三桁て十倍ですよ十倍。上級戦はあんまり変わってない感じだが……。増えた人たちが上級戦まで残ってくれるといいな。

しかしメフスト強い……。上手いメフスト使いの人に当たると大抵負ける。遠距離攻撃力を上げようとサタンやオクトパを組み込んでみたが、数試合もしないうちにウィスプを手に入れ、βで使ってたウィスプデッキにしてしまった。ウィスプ成長させるの楽しいんだが、そっちに気を取られて負けることがあるんだよな。

ファウスト Vol.6 SIDE-A

ますます厚くなって読み辛さに磨きが。いや、そこは磨かんでいいとこですから。是非曇らせておいてほしい。背表紙下にして立つし。

・“新伝奇”リプライズ
まだ新伝奇を押すつもりかファウスト……。月姫は全ルートコンプしてないし、ひぐらしはやってすらいないんですが。全部続き物だからSIDE-B待ち。

・すずめばちがサヨナラというとき
やたら評判が高かったポルシェ妻の続編。いや、俺もお琥依さん好きだけど。もう完全にブギーポップの一エピソード。これも知らない人置いてけぼりだよなー。なんの脈絡もなく統和機構出てくるし。SIDE-Bでオルガンのバランスなのか? VSイマジネーターpart5に期待。

・窓に吹く風
最初は気づかなかったが、ファウストVol.2の「F先生のポケット」と登場人物が共通なのに驚いた。よくできた時間物。花粉症の描写はなんの伏線かと思ってたら綺麗に使われてた。

・新本格魔法少女りすか
りすかのハードM告白。創貴ってみんなを幸せにしようとしてるって印象ないんだけど。黒い長髪、白いブラウスに黒のロングスカートの文学少女系と脳内でイメージしていた蠅村召香が瞬殺されてまった。長髪だけは合ってたらしい。

・零崎軋識の人間ノック2
赤神イリアのD.L.L.Rシンドロームと零崎は時々考察のネタになってたので、おいしいところから持ってきたなという感じではあるが……これからバトル展開なのに登場人物が死ぬ可能性がほとんどないのは微妙。大口叩いてる軋識もだが、人識に殺せてないのはいの字と赤だけなんじゃなかったのか。前回は策師が凄かったんだなで一応納得できたがてる子じゃなぁ……。あと出夢が糸をあっさりかわしてるのに感知すらできてないのもどうかと。これは単に無視してるだけとかいう可能性もあるが、全体的に零崎株暴落。

出費がかさむな

ミュンヒが青にして深青だったりふみこが赤の赤に要請して絶技を使ってたりブータニアス召喚してたりもう知らん人は置いてけぼりなんじゃないかと思われる式神漫画で驚いている内に、謎ゲームが始まりそうな気配がそこはかとなく漂ってきましたね。レムーリアも来月出るぽいし、これで実家のB's-LOGのバックナンバーを捨てられる。大量のボーイズ誌に妹がドン引きしてたのが印象的。そういやアルファデザインワークスなんてのもあったな。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。