残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R vol.16

・ゲヘナ特集
ゲヘナ2nd、あんまり変わってないような。サプリをまとめて微調整って感じなのか? あの独特なシステムは好きなので、ゲヘナの人が買ったらやってもらおう。

・SWシナリオ&リプレイ
ネイラード、なんか使おうという気がしないんだよなー。盗賊ギルドないし、在住の冒険者みんながみんなシュバルツ(なんで独語……)と知り合いってのも気持ち悪いし。というか、自己分析するに小さい街だから使いづらい気がするんだろうな(盗賊ギルドがないことも含まれるが)。この連載で色々フックが出てきたら使うかも。どうでもいいけどドワーフの名前に吹いた。ずんのやす!

・アーカム計画 Secrets of Japan
日本特有の魔道書について。相変わらず突っ込み所が多くて楽しい。「カッパとの接触」とかいう呪文を見るといわゆる神話っぽさが亜光速で遠のいていくのを感じるw 10世紀の本のタイトルが『黒魔術:言霊の技巧』ってのはどうよというのも気になるが、20世紀に書かれた本の著者が実在の宗教家に引っかけてあるのはヤバいだろ。しかも麻原シンヤマと池田シンタロウ……あわわ。そのシンタロウ氏の書いた『石庭無限』は注記によればクトゥルフ神話俳句。クトゥルフと俳句。素晴らしい。さすが十七文字で全てを表現する和の心。笹公人もびっくりですよ。五・七・五でSANチェック。連歌なんかやったらあっという間にSAN0っていうか、それはもう既になんかの神の召喚儀式ですね。

・カオスフレア
蟻の人がエンゼルギアの「ダーザイン」に悶えてた気持ちがちょっと分かった気がした。それ微妙にミーム違うだろ。あと……感情システムは……もういいです……。情感込めたプレイが苦手だから余計に思うんだろか。結局2D6で感情システムのあるTORGという印象に帰結。あとは誰かのプレイ待ち。

・ひと夏の経験値
今更ながら全四回ということを知って驚く。え、次でもう終わり? そりゃタナケンも早々に失われるわ。「いつまでもゲームばっかりやってるのはどうよ」という主張は耳と心が痛くなるほど分かるが、その理由は唐突すぎやしまいか。しかし今回やったことといえばプールイベントとタナケンの離別だけですよ。RPGパートは視点が主人公から三人称に離れるから、アドリブで焦ったと後から言われてもいまいち感が。ラストでRPG部分も絡む気配を見せつつあるが、このままだと半分単なるリプレイ小説になってしまいますよ。最初からそうだったという気もするが。
スポンサーサイト

電撃hPa

電撃の雑誌を買うたびに思うが(hpは雑誌じゃないけど)、読むとこ少ないんだよなぁ。限定と付くと価値が数倍に輝いて見えだすオタクのダメな症状をなんとかすべきだと思う。無理。
しかし何故イラストにエロス分多めですか? 限定本だからはっちゃけてるんですか?

・竹泡対談
最後に「まぁいいじゃん」がないからあとがきと区別がつく、みたいな。ブギー世界に残された数少ない貴重な一般人、委員長久々登場。

・キノの旅 学園編
師匠登場。もう出てくるのハンサムくらいしかいないし、次は証券編期待。あと、作者は確実に2chの自分のスレ見てる。

・フーコ、がんばります!
予告でのアオリが「伊勢湾風子の吹き荒れる青春」だったから台風主人公なのかと思ったが、そこまでアレではなかった。残念。主人公が部活で台風やってて大会の記録が死者行方不明者四千人とかサラリと書かれてあっという間に終わる展開はまさにテーマどおり。若干物足りない感はあるけど。

・迷迷!
フローチャート作ろうとして挫折。いろいろいた新キャラはがるぐるに出てくるのか? どうでもいいけど14がデスフラグじゃなかった。残念。

・御茶ノ水だよ! 全員集合!
TRPGリプレイとの予告に期待してたらN◎VAでした。やったことないからシステム的な事言えないし。とりあえず中村恵里加の生存確認。意外にTRPG経験者多いんだな。

ガンオケ #6

順調に二週見逃しつつ、友人に貸してもらおうと思いながら見ないまま、今週もビデオが回ってないことに気づいて慌てて視聴。予約が毎週水曜日になってたことに気づくの遅すぎよ自分。結局今回も三話も録画されてないし。

というわけでいつの間にか中隊長と二人組が和解してました。残り三週だしそんなもんか。

・嫌味な将校
言葉に刺があるだけで、言ってることは割とまともだったような(うろ覚え)。

・横山の発言
「子供扱いじゃないですか」ってまぁ学兵(しかも無茶な要求してくる)だし致し方なくないか。
「それって泥棒――」いやいやいやもっと重大な犯罪だろ。憲兵に問答無用で射殺されてもおかしくないくらいの。

・岩崎の計画
最初から二人組が囮要員だったり中隊長がおいてけぼりだったりどうなんだ。師団長のお目こぼしはさておき、制服見られて中隊長を回収できなかったら中隊長の責任問題になると思うぞ。

・オチ
持ってきたのはポンコツでした。これを整備とパイロットの腕でなんとか運用していく展開だったらガンパレっぽいと思ったが、予告を見るにそんな流れでもなさそうだなぁ。

ネコソギラジカル下ネタバレ感想

読了。数々の伏線のほとんどを投げっぱなしジャーマンでぶん投げてるのにはちょっと笑った。まぁ用語集も出るらしいし、そっちに期待しておこう。設定の出し惜しみはすまい。
しかしこの下巻、サプライズがないというかまったりと終わったね。なんせ人が一人も死んでない。赤か青か橙の誰かがラスボス化してフハハハハー!みたいなラストを予想していたのだが、あえて王道を行ったって感じか。クビシメあたりの印象が強いのかも知れないが、西尾維新という作家は基本的に王道好きという気もする。結局戯言シリーズも主人公の成長物語になったし。
確かに誰もが認める大団円。だがその裏には萌えキャラたちの死山血河。それがありながら、なお大団円と思わせられるあたりが西尾維新の技量なのかと思ったり思わなかったり。

KOW 正式オープン

課金制になったのでまったりプレイ。人よ増えろという想いを込めつつ次の一手を考えてみる。

上1と上2にそれぞれオーガ召喚、生徒は下がって3に、2にはスケル召喚、スライムは相手オーガを殴る。


問題(「キングオブワンズ【King of wands】を考える」より)

    ┌─┬─┐┌─┬─┐
    │ス│ス││ │ │
  ┌─┼─┼─┤├─┼─┼─┐
◇4│ │生│鬼││ス│生│ │◇10
  └─┼─┼─┤├─┼─┼─┘
    │ │ ││ │ │
    └─┴─┘└─┴─┘

自分、最初の1回目
1スライム召喚。生徒前進して2へ。

相手、最初の1回目
上1スライム、上2スライム、1オーガ、と召喚。
生徒が前進して2へ。

さて次の自分の番の最善手は?
残りジェム10
手札:スライム・オーガ・オーガ・己ファイア・スケル

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。