残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPGamer Vol.11

いつも買わない(買えない)RPGamerを芝村裕吏特集と芝村氏デザインゲーム・ロータスシティの為に買う。高い! 高いよママン! ゲーム付きとはいえ雑誌一冊三千円は痛い。もう千円まからんものか。毎号購読してる茨之介さんを心の底から尊敬。

さて、お目当てのロータスシティは中々面白げ。未プレイでの私見に過ぎないが、GMの負担を軽くしてすぐにプレイできるという要求をかなり高いレベルで満たしているように思える。幅広い熟練度のGMを受け入れる柔軟性もありそう。アドリブが苦手なら、事件カードの内容をそのまま読み上げればいいし、慣れてくれば『ロータスシティ・実践篇』で芝村氏が示しているように、様々な描写を付け加えてストーリーを作ることが出来るだろう。ただ、カードの引きがランダムなので、引きによってはスタートカード→一般事件→ゲーム終了と三回で終わってしまう可能性が。コマンド表含めた総合的なバランスは実際にプレイしてみないとなー。シナリオ・ストーリー重視の雰囲気があるサークルなので、公式マスター時にはプレイしづらいし、三部には脳ミソ腐ってゲームの分析とかできなさそうだし、難しいな。

本誌の方は『ロータスシティ・理論篇』『同・実践篇』『双方向戦略的遊戯研究室』はためになりつつ面白く読む。T&Tはほとんど触ったことないので『T&Tはこう遊べ!』についてはコメント不能(笑)。Aマホリプレイもお手軽で楽しそうだったが、あれは無名世界観公式なんだろか。
スポンサーサイト

R&R SWSお題

Vol.3 ファリスとファリス神殿
Vol.4 ダークエルフ
Vol.5 盗賊ギルド
Vol.6 グラスランナー
Vol.7 賢者の学院
Vol.8 ファラリス信仰
Vol.9 ゴブリン
Vol.10 ブラキ、ヴェーナー、ガネード
Vol.11 マジックアイテム
Vol.13 旅と街道
Vol.14 ゴーヤマー、ミゴリ

半分自分用メモ。参照する時しょっちゅう分からなくなるので。

15679

今までずっとイゴーロナクのことをイゴーナロクと呼んでいたという事実に気付き衝撃を受ける。

実際ちょっと焦った

例会一部でGM少年Kによるソードワールドに参加。

舞台はアレクラスト大陸の辺境の村。この村には、双子を忌み子として怖れ、生まれてきた双子の弟(妹)を殺してしまうという風習がある。そんな説明を受けた後、子持ちだが双子だったため片割れが殺されている、というPCを渡される。フレーバーとして子持ちという設定を付ける時はたまにあるが、今回は親であることに意味がありそう。となると、男親であるか女親であるかはかなり違ってくる。しばし考えた後、母親の方が親らしくプレイできるかと、普段あまりやらない女性PCにする。さらに、配偶者がいると(形式上でも)子供に関してNPCに意見を求めなきゃならなくなる。それはめんどくさいので、村から出て学院で学んだものの落ちこぼれた上恋人にも捨てられ、子供だけ身籠もって帰ってきた女ということに。

で、シナリオ開始後いきなり回想シーン。「十年前、臨月のあなたは陣痛が始まり(中略)聞こえてきた産声は二つ。後から産まれた弟は、忌み子として立ち会っていた司祭に殺されました」もちろん途中で「助けてあげて……」とか言ってたが。TRPGで初めて出産シーンをプレイしたよ。多分これからもそうそうはない。オチの割には長い前フリだったな。

遠い記憶

『アルスラーン戦記 (11) 魔軍襲来』
わー、すごーい。なつかしーい(棒読みで)。出ると思ってないシリーズはスパンが長いとも思いませんね。もうね、パリザードとかグンディーとか固有名詞がいちいち懐かしすぎ。パラザータは作中で説明を読むまで誰だか忘れてたし(どうでもいいけどパリザードと名前似てる)、黄金仮面に至っては存在自体はともかく中の人の正体が全く思い出せず、Google先生にお伺いを立ててもよく分かりませんでした。確か告死天使に顔を傷つけられてた奴だったような?
前巻の内容も、トゥースの嫁の話とデマヴァント山で軍が閉じこめられた事しか覚えてないよ。なんでファランギースとアルフリードが火に巻かれてるのかとか思い出すのに時間かかったし。
ところで、ジムサやヒルメスの強さの描写でクバードが引き合いに出されてたんだが、クバードってそんな強かったっけ? 海千山千ってイメージが強くてあまり武人って感じがしない……。

以下ネタバレ。

続きを読む »

キメラでかい。

GPOムービー

やばい、面白そう。あと三ヶ月と考えると、意外に短いな。後期試験と被りそうなのが唯一の気がかりか。

そろそろアルファゲーでカテゴリーを独立させてもいい気がしてきた。

七夜月設定資料集感想

設定資料集というよりはイラスト集といった方がいい感じ。単語解説集が本体に入ってるもんだから、文字資料がほとんどない。クリエイター対談や、未公開シナリオを見たい人は買ってもいいかも。

KING OF WANDS2

22日までというテスト期間の短さにショックを受けているのに、さらに過疎化が進行してて泣きたいよパパ。複数アカウントを考慮に入れても、千人いるとはとても思えない人数。やはりポイントシステムに難があるのか? シャドウもコストが上がって弱体化されたし、いいことと言えばカード捨てる→引くを繰り返してケルベロを手に入れたくらいか。異形組にはやはりケルベロ。

R&R vol.14感想

Amazonたんに頼んだら、2~3日で送ると言いつつ送ってくれないので買ってきた。なんというか、表紙がゾイドにしか見えません。あとガンドッグが載ってなくてしょぼん。早くバリアント出して下さい。月刊化に伴って、1Pの記事が増えた感じ。

・カオスフレアリプレイ
最初パラッと見た時からミステル・ヤオイという言葉が頭をよぎって離れませんでした。いいのかそんな感想で。

・ギガントマキア
世界狭いなー。PCと同じ様な能力者がPC以外にはほとんどいないというのが凄い。ライトノベル的キャラクター性をつけるのには良さげですが、シナリオの幅が狭くなりそう。あと『幻想結界を見抜けるクルースニク』ってゲヘナの『非認識の呪い(だっけ?)を受けない享受者』とカブってないか? どうでもいいけど、人間の血が白いって設定、何の意味があるんだろう。イラスト化すると白濁え(ry

・アーカム計画 Secrets of Japan
アストラルサーペントのアストラルを星と訳すのはちょっと分かりにくいと思うんですが。せめて幽体ヘビとか。しかし、「皇室の主要なメンバーを除いて、日本人の政治、官僚の指導者の大部分はすでに(引用者注:星ヘビに精神的に寄生されて)屈従している」……日本はもうダメらしい。自民党の大勝利も星ヘビの差し金ですか。「皇室の主要なメンバーを除いて」ってあたり、気を遣ってるのかSoJの天皇家は霊的防御でも敷いてるのか判断つきかねる。
そんな星ヘビも楽しいが、個人的にはニャルラトテップの日本特有の化身・悪心影、またの名を暗黒将軍に興味津々。人間としての姿は織田信長の顔をしているって言われても、現代日本人はそれが信長の顔だと分かりません普通。やはりここはマジンガ(ry

・ソードワールドサポート
妬みの神ゴーヤマーと復讐の神ミゴリの紹介。今回で最終回だというのに何となく微妙な題材。こいつら名前の響きがアレクラストぽくないと感じるのは俺だけ? しかしこんなマイナー邪神に特殊暗黒魔法が三つも四つもあるのに、ファラリス様に一つしかないのは納得がいかん。ファンドリアツアーはもう出ちゃったので、単行本化の際には是非追加お願いします清松先生。

・ウィザードリィRPGシナリオ
謎の寺院に潜入すると薬飲まされて自由意志奪われて、ひたすらひたすら戦闘やらされてレベルアップして、単なるダイスロールで意識を取り戻して逃げ出すだけのシナリオに見えるんですが、いいのか、これ。

・ひと夏の経験値
秋口ぎぐるによるRPGプレイヤー小説。主人公は高校生で、具体的なTRPGのシステム名を出して解説するなど、一見若いRPGファン対象かと思いきや、舞台は90年代初頭。主人公がRPGサークルの代表に連絡を取るときメールじゃなく手紙を書いたりしてるが、現在が舞台じゃない必然性は(今のところ)見当たらない。もしかして、当時RPGで青春を過ごした20代後半~30代の人間がメインターゲットなんだろうか。なんとなくR&Rの購買層が窺い知れそうな気がしないでもない。単に作者がそうだってだけの可能性もあるが。これからげんしけん方向に行くのか、ヨイコノミライ方向に行くのか楽しみ。後者だったらこの小説読むためだけにR&R買ってもいい。どっちにしろ買うけど。

バロッカーゆえ異形組

KING OF WANDSのテスター抽選に当たったうひょー。というわけで、ふと気づくと日付が変わってだいぶ経ってるくらいプレイ。絢爛に続く今年の期待ゲームであることを鑑みれば、誰も明日(既に今日)がマスター持ち回りキャンペーンのマスター日であることをうっちゃってたことを責められまい。卓のメンツ以外は。しかし今からきちんとシナリオ作れば事実上罪はなくなるので無問題。

KING OF WANDSは前回のクローズドβテストから遊ばせてもらってますが、相変わらずハマる。1プレイの時間が短いので、ついつい対戦を続けてしまう。今日は初日ということもあって人数も多かったし。しかし、ランキングのすぐ近くの人と比べると勝率が低いのが微妙に恥ずかしかったり。初期手札3枚対戦のバグで固まって、5回くらい回線切断負けを喫してるからだということにしておこう。前回は負けるとポイントがなくなるという辺りで初心者に厳しいといわれてたけど、今回はどうなんだろう。確かに序盤はポイント獲得イベントががしがし起こってたが。このまま賑わっていくことを切に望む。そういえば、弱体化されたバンシーが20Pなのは高くないですか?

M資金ネタinファンドリア

結局困った時のSWになってしまった。一回生の公式初マスター例会で、それ目当てでOBの方がいつもより多くいらっしゃるだろうという予想の中、Aマホをやる度胸がなかっただけという気もする。

しかし当日午前三時の決断というのは我ながら危険だって俺。ここ二、三回、シナリオ作成の度に「今まで一番ヤバかったな」という感想を漏らすハメになるのはどうしたわけか。意図してるわけではないが、バーがどんどん上げられていく棒高跳び選手の気分。無意識の内に「ここまでは安全」ラインが更新されているんだろうか。

セッション自体はなんとかなったんだけど。やっぱりファンドリアはやりやすいし好きだな。プレイヤーがあれこれ考えてくれるので、それ見てるのが楽しい(笑)。今回は依頼主である百顔のラミアにオーファンのスパイ疑惑まで想定されてしまったので慌ててフォローしたけど。サプリ中にわざわざ書かれてるように、それをやり出すとキリがないからやりたくないというか、メタ的にやらないというか。

ルルブのボロボロ具合で使用率が分かる。

Aの魔法陣ver.3発売&戦国霊異伝復刊決定。めでたや。値段によってはver.3複数冊買うことも辞さない所存。分厚いらしいが。

発売(予定)記念に今週末はAマホやろうかなぁ。Aマホに心傾きつつある最大の理由は「個人的にシナリオ準備するのが一番楽だから」なんだけど。いつもこの時期は夏休みなのに忙しい(絢爛……)。

そういや七夜月どかんでミュンヒの根源力に驚いてましたが、最近全然Aマホ掲示板覗いてないので、もっと凄いキャラの根源力が公開されてたりするかもしれないという可能性に思い至る。もしそんなだったら井の中の蛙と笑って見逃して下さい。

 | HOME | 

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。