残留雑念

ほとんどR&R備忘録と化している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R Vol.105

Role&Roll Vol.105Role&Roll Vol.105
(2013/06/11)
朱鷺田 祐介、西上 柾 他

商品詳細を見る
SHADOWRUN
結局まだアーセナルちゃんと読んでないや……。パーティ用のヴィークルの費用は頭割りにした方が良いとかあってあるあるネタ的に笑ってたんだけど、アーセナルにも同じこと載ってるのかな。
あと格闘ルール紹介と東京エリア紹介合わせてサンプルキャラデータが3体分ってのも地味にスゴイ。毎号毎号R&Rの朱鷺田センセー濃度高すぎである(エクリプス・フェイズと深淵は毎回ざっと目を通すだけだが)。あと冒企濃度も。

SW2.0
七剣刃クロニクルの第一話の小島を舞台にしたワイルダネスシナリオ。天候による光量や雨のペナルティのルールが野外の気分を盛り上げる。それっぽいシチュエーションが必要だったら自作シナリオに流用しよう。

カオスフレアSC
温泉オプションの登場によって、ルールブックを読んでると腹減るシステムからサプリを読んでるとスーパー銭湯に行きたくなるシステムへ。光翼騎士は庇ったときのダメージが減少する岩盤浴、フレア代償が重いデモロやスペリオルにはフレア1枚が2枚分の代償になる風呂上がりの一杯が強そう。

ブラッド・クルセイド
領域キャンペーン用サンプル領域として、中世ヨーロッパのどこか(おおざっぱ)にあるエイト・バロウズのデータ。地味に中世用セッティングの世界設定として使える。

ガンドッグゼロ
TRS中の状況変化を表すリミット・イベント表。今回のSW2.0の天候変化表とのシンクロニシティ。やっぱりTRSを単調にしないためには気を使う必要がある気がするな。
スポンサーサイト

R&R Vol.104


Role&Roll Vol.104Role&Roll Vol.104
(2013/05/17)
アークライト

商品詳細を見る
ブラッド・クルセイド
カードランカーとのコラボシナリオの他に、狩人、吸血鬼それぞれの作成tipsが掲載されていてとても便利。特に、俺のようにデータ勘のない人間にとっては、な……。
シナリオはブラクルとカードランカーで同じストーリーだった。

カオスフレアSC
表紙絵の真面目な顔してプレゼンしてるタックスマン自体で面白いのに、他の四人が全員それを無視してて草不可避。

アーカム計画
佐比売党の解説を通じて、CofCにおけるカルトの創造方法と使い道を解説。後者はキャンペーン志向の内山靖二郎氏らしいものなので、単発ではなんだかんだいって『カルト・ナウ』を使うのが手っ取り早い気がする。

SW2.0
シナリオ「5つの神像」掲載。地方の村に行っていろいろな信仰がある、というとノスタルジーをかきたてられますね(このシナリオでは信仰、神官はそこまで重要なファクターじゃないけど)。

SHADOWRUN
日帝(東京)解説編第一弾。東京サプリは早く翻訳して欲しいんだが、なかなかそうもいかないんかな。その分この記事があると思えば十分なんだが。

ガンドッグゼロ
シナリオ作成法解説。ストーリーから作れとのクインビー姐さんの教えだが、ここで言う「ストーリー」は個人的にはほぼ「ミッション」と同義の用法だな。要人警護とか目標物奪取とかのレベル。そういう「ストーリー」のパターンを用意した上で、ゲーム的なデータに落とし込んでいく、と。
ルーリングガイドの「突発的な情報収集」は情報収集ルールの運用法として頭に入れておきたい。ていうか事前に情報収集のためのキーワードを提示する正規ルールは調査系シナリオとはあんまり噛み合わないので、全部こっちでやってもいいくらい。

スピコピ
CofCシナリオレポート。歌を電波に流してたのはNPC加山だと思うんだが、なんで(どうやって)そんなことしてたのかよく分からんな……と思ってたらちょうど最新号にシナリオが載ってた(まだ読んでない)。

R&R Vol.103

Role&Roll Vol.103Role&Roll Vol.103
(2013/04/06)
アークライト

商品詳細を見る
はじめてのテーブルトークRPG 2013
まったくの未経験者が始めるにあたって、一番ハードル高いのは仲間集めだと思うが、そこはイベントやコンベンションの説明があるくらいであっさり気味に流されてた。まぁそこを一般論で語るのはなかなか難しいだろうけど。その他はビギナーズガイドとして紙幅の中で大体の内容に触れてたと思う。ただ、購入ガイドでもう新品で買えないダンジョンズ&ドラゴンズ第4版スターター・セットを載せるのはどうかって灰月が言ってた(責任転嫁)。

アーカム計画
超能力の運用ルールとデータ。テレパシー、クレアボヤンス、プレコグニションといったESP系、テレキネシス、パイロキネシス、テレポートといったPK系まんべんなく代表的な能力は揃ってます。
ゲーム的な処理が呪文と同じだったとしても、やっぱり超能力だとイメージ変わってくるので今回のデータは嬉しいな。プレイヤーの目先やシナリオの雰囲気が変わるのは重要だ。

シノビガミ
よくリプレイやプレイ募集を見かけるシナリオ「秋空に雪舞えば」を掲載。確かに名作と呼ばれるのも納得の、叙情的な(=ロールプレイが進みそうな)いいシナリオだけど、PC2の勝利条件が変わらず、PC4の勝利条件が変わって、PC1が2、3、4に囲み殺される展開がありえね? その場合PC1は自分で儀式遂行を目指して、PC3は口八丁で排除するのか。

ブラッド・クルセイド
今回はアイテム入手の演出について。この辺はリプレイでも結構描写されてるからそっちも参考になるよね。

ガンドッグゼロ
TRSをサポートするナビゲーションTRSのルール。狙撃手をサポートするスポッター用のTRSとかね。TRSはダイスを振るだけになりがち(しかも一人が)なのが扱いにくいところなので、これはその緩和手段としていい。

シノビガミリプレイ
紙幅の都合だろうけど、フォントちっさいな! 折角のコンテスト受賞作なんだから、もっと読みやすくしてあげられればよかったのに……。
真鳥美紗って途中で使命諦めてるよね? それは別にいいんだけど、そこはもうちょっとロールプレイなりで選出して欲しかったところ。

R&R Vol.102

Role&Roll Vol.102Role&Roll Vol.102
(2013/03/09)
アークライト

商品詳細を見る
エリュシオン
世界観やキャラロールとルールが割と強く結びついてる感じだから、紹介記事だけじゃなくて実際にプレイしてみないとなんとも言いがたい感じ。誰か買ってやってくれないかな。

カオスフレアSC
ロンデニオン特集で人造人間(鉄人28号的巨大ロボ含む)、波紋法など追加。《力の呼吸》必須の不可視の呪文書「宗気循環」(つまり波紋疾走)は素手攻撃の特技を使うとき素手の代用として使えるので、呪文書でありながら素手という特徴をなんか活かせないかと思ったけど思いつかん。「装着者」とマルチするのが正道なのはわかるが。あとはいろいろ大変だけどユルング・カバリエに乗って《鏡の世界》入るくらいか。

マギカロギア
世界を絶望に陥らせる魔法災害に立ち向かうシナリオ。シナリオ制作者の指向か、エンディングフェイズのNPCの動きとか味があって結構好き。「ある天使」「ある悪魔」のスタンスとか。しかし額に「焚」の字を書いてる〈焚書官〉の魔法使いはどうかと思うんですよ。せめて名前を設定してあげて……。

ブラッド・クルセイド
前回に引き続き、今回は「幸福を味わう」の演出法。「一日を費やす」「誘われる」「妬まれる」「真似をされる」「優勝」「映画化」の6つ。最後のはどうかと(ry

SW2.0
蛮族に化ける薬……穢れはどうなってんだろ。ちゃんと読まないと分からないが(ていうかもう売ってるな)、ますます穢れ概念がよく分からなく。

ガンドッグゼロ
前々回の戦闘距離の話とも繋がる、戦闘バランスの話。特に敵の武装や数について。理論的な部分もそうだが、雑魚的データが5種類付いてるのが実際ありがたい。

バルナ・クロニカ
サポート最終回。「ファンタジーは、いつの間にか、冒険をしない物語となりました。どこかで見た地図と神話の世界の中で、集めると強くなるポイントを駆使して競い合う物語となりました。」という言葉から始まる序文は一読の価値ありですよマジで。

Brand New Games
今やメタリックガーディアン→ドラゴンアームズ2→ホライゾン・ブレイクという発売順になってるのがなんとも。一番目は確定したが、あと二つはどうなることやら。

R&R Vol.101

Role&Roll Vol.101Role&Roll Vol.101
(2013/02/09)
アークライト

商品詳細を見る
カオスフレアSC
パンデモニウムの魔法特集として、リアリティハッキング技術と二丁拳銃を組み合わせた全く新しい戦闘技術ガンダンサー(新ブランチ)がデータ化。ガン=カタやヤンマーニあたりが再現可能。吸血鬼ほどじゃないけどLP食いする特技多いのでやりくりが大変そうではある。マイナーで攻撃範囲化の《Bullet rain》もさらにダメージ+【技術】効果が乗ってるせいで代償フレア二枚だし。あとフルボーグボディを格安で常備か出来るようになるアイテム「ブレインリモデリング」、LP代償をフレアで払えるようになる「ソリッドステム」のおかげでサイバーパンク超強化。

シノビガミ
対立型シナリオの作成ガイド。三分の一くらいはシノビガミだけでなく他のシステムにも通用しそうな一般的なシナリオ作成の方法論だったので、対立構造のバランスの取り方についてもう少し紙幅取って解説して欲しかったが、「バランスの確認」や「使命達成難易度の均一化」あたりの項は参考になった。
【秘密】にはシナリオ上で疑問に思うことに対する答えを書いておく、なぜ【秘密】なのか(=他人に言えないのか)に必然性を与えるなどはPLの感情移入的にも重要ですね。つい機械的に背景やクリア条件などを書いてしまうので、もう少しストーリーラインとゲーム性を擦り合わせることを意識してみよう。

ブラッド・クルセイド
前回同様演出ガイド。今回は「関係を深める」の演出。「どうでもいい話」「悩み相談」「喧嘩」「技術の披露」「打ち明け話」「食事」の6つ。
あと次巻「ビッグ・バッド・ビースト」紹介。これでズムーンと完全に統合される感じかな? 書き下ろしリプレイには眠兎登場期待。

アーカム計画
「オリジナルカルトの薦め」だけど、ほとんど『カルト・ナウ』に包含されてるような……。これを見て更に興味があるなら『カルト・ナウ』を買えばいいんじゃないかな。

ガンドッグゼロ
今回はクインビー教官のターンではなく「キルハウス・カタログ」なので、アリスたんの連載(?)掌編が載ってる。予定カレンダーから消えてしばらくたってるけど俺まだ「アリス・イン・ナイトメア」待ってる! あ、今回のステージルールはステージ上の物品を動かしたり倒したりできる「ドミノ効果」です。

Brand New Games
見るからにロックくさい「斬」は誰か買ってないのかな。安いし自腹で買うのは別にいいんだけどダブるのはもったいないし。

 | HOME |  »

リンク

ブログ内検索

Twitter...

Twitter Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。